2017年07月25日

2017年7月24日、下見板が外れた戌亥櫓

2017年7月24日撮影
下見板が外れた戌亥櫓


724DSC_0089.JPG

昨年(2016年)の熊本大地震で石垣が崩れて、地震から一年以上たった今も隅石一本で櫓を支えている戌亥櫓。

この戌亥櫓は平成になってから復元されたもので、復元されて今年で14年になる。

地震で石垣は崩れたが、戌亥櫓に関しては特に被害状況の報告はなく、新しい建物だから大丈夫だと思っていた。

それが、下見板がパカッと外れており、目にした瞬間びっくりした。


724DSC_0085.JPG


724DSC_0087.JPG

西出丸のほうから見ると、どうも下見板は2枚外れたようだ。

地震で被害を受けた熊本城。

現在、応急工事が終わったところ、復旧工事を進めているところなどあるが、まだ手付かずのところのほうが多い。

この戌亥櫓もそのひとつ。地震で必死に耐えた櫓も時間の経過とともに被害が広がっている。

こういう箇所が今後増えないことを願う。
posted by 夢子 at 08:30| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする