2017年09月11日

2017年9月11日、足場がどんどん高くなる宇土櫓

2017年9月11日撮影
足場がどんどん高くなる宇土櫓


a2017.9.7.105.jpg

宇土櫓の足場が気になり、昨日(9月10日)見に行きました。

でも、スマホを忘れ写真が撮れず(^^;;

今朝また行ってきました。曇りなので逆光にならずラッキー。

足場が順調です。朝から作業員の方々が頑張っています。



a2017.9.7.106.jpg

この間はこの階段が撮れなかったので、今日はしっかり撮ってきました。



a2017.9.7.107.jpg


a2017.9.7.108.jpg

先週からはじまった足場の組み立て。

この調子だと今週中には完成しますね。




      熊本城籠城戦経過

明治10年3月14日
午前8時、坪井広町・千反畑方面を偵察。
午後3時、日向崎村を偵察。
島崎に進撃し、民家に火を放ち、島崎の薩軍と交戦。
日向崎に向かった者も火を放って帰る。

工兵隊、胸壁・交通路を段山に造り、周囲の樹木を伐り(ろくさい、敵の侵入を防ぐため、先のとがった竹や枝のある木などを鹿の角の形に立て並べた垣)を置く。
夜、井芹川の下流をふさいで水を溜め、段山前面の守備を堅くする。
漆畑前の畑を灌漑し、薩軍の侵入を防ぐ。
この日、谷司令長官より感状が下される。
千葉城・古京町の小包帯所を廃止し、医官は病院に移る。
正午、薩軍の砲弾が第二賄所を破壊。
午後5時半、再び薩軍の砲弾が宇土櫓を破裂。

posted by 夢子 at 16:33| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする