2018年06月18日

2018年6月13日、飯田丸五階櫓の足場が撤去されました《熊本城復旧状況》

2018年6月13日撮影
飯田丸五階櫓の足場が撤去されました




先週の土曜日、市役所14階から飯田丸五階櫓を確認したら、もう櫓の解体が終わっていた。

2018年6月9日、大天守の唐破風が見える、飯田丸五階櫓がない


f2018.6.13.208.jpg

今週になり、足場も解体撤去されました。

もう、赤い鉄骨しか残っていない。

ここにきて、目に見える変化が大きくて、私の気持ちがいまいちついて行かず。




f2018.6.13.303.jpg


f2018.6.13.305.jpg

慶宅坂から撮影。

城彩苑のテラスよりも、慶宅坂からのほうがよく見えます。

櫓、まったくありません。この次は石垣修復です。その前に受構台の解体撤去ですね、それが終わってから石垣に入っていくと思う。

この赤い鉄骨ももう少ししたらお別れですね。




f2018.6.13.306.jpg

未申櫓西の薬研堀。

ここに土が入りました。

シートを敷き、その上に土を盛っています。




f2018.6.13.307.jpg



f2018.6.13.308.jpg



f2018.6.13.309.jpg

6月17日に行ったら、すでにここに栗石が運ばれていました。(写真は撮っていない)


posted by 夢子 at 09:25| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする