2017年07月25日

2017年7月24日、熊本城の三の天守・宇土櫓(うとやぐら)

2017年7月24日撮影
熊本城の三の天守・宇土櫓(うとやぐら)


z724DSC_0082.jpg

はじめて宇土櫓を見る人は、この角度で見て満足し、すぐに加藤神社の境内に入る人が多い。

でも、これはもったいない。

この角度でも十分立派に見える宇土櫓だが、宇土櫓の見応えはやはり空堀からそびえ立つ20メートル強の高石垣だ。


z724DSC_0079.jpg

この高石垣、熊本城の中で一番高いと言われている。

地震後は石垣の雑草を取ることもままならず、その点に関しては見苦しいが、それでもこの石垣は美しい。

高石垣の上に建つ三層五階地下一階の宇土櫓。

これは築城当時からある熊本城で一番古い櫓だ。

この櫓は地震で倒れなかった。

内部の被害はそれなりにあるが、今もしっかり建っている。

これだけで、どれだけ助けられたか、勇気をもらえたか。

ありがとう、宇土櫓。


z724DSC_0076.jpg

加藤神社境内から見た宇土櫓。

普段、この角度からあまり写真を撮らないが、戌亥櫓の下見板が外れたのを見て、撮れるものはいろいろな角度で撮ろうと思い撮ってみたい。

地震で白壁の一部は落ちてしまった。

それ以後は特に被害は拡大していないようだ。

ここは戌亥櫓のように被害が広がりませんように。


posted by 夢子 at 08:46| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする