2011年02月01日

【熊本】JR九州の女子旅きっぷ 肥後街道 南阿蘇温泉 癒しの里 伊織・静和で癒される(3)

前ページのつづき


肥後街道 南阿蘇温泉 癒しの里 お宿 伊織(いおり)・旅籠 静和(しずか)

さぁ、いよいよエステだ〜
ただ、エステルームはちょっと離れている。ほんのちょっとことだが寒かったぁ〜


りらくぜーしょん のみちの花

りらくぜーしょん のみちの花

ここは完全にエステのみの部屋。
他のお客さんの出入りがないので落ちつく。


a1P1300120.jpg

a1P1300115.jpg


a1P1300129.jpg


エステはフェイス or フットから選べる。

私はフットに。詰まっているリンパを流してくれるんだが、ちょっと痛い(><)
でも終わった後はすっきり。足が軽くなっていた。

友人はフェイス。これがメイクを落とさなくてもOK。
でも、やっぱメイクを落とした方が気持ちいいんじゃない?

女子旅きっぷは、岩塩浴も利用できる。通常2,000円のところが1,000円に。
私たちは利用しなかったが、ブラック岩塩は、老化の原因でもある活性酸素を除去する試してみる価値あり。


a1P1300138.jpg

エステのあとはハーブティーのサービス。
ハイビスカスとなんだったかな? 美味しかったぁ〜


a1P1300141.jpg

エステですっきりしたは温泉に。
利用できるのは大浴場。ここは一度外に出なくてはいけない。

伊織・静和さんって広いの。敷地が広いのでゆったり造ってあるんだけど、寒いはたまりせん(^^;;
あっ、食事処 肥後街道茶屋の中にトイレもなくて。これも一度外に出るの。
阿蘇の寒さに慣れていないのでブルブルでしたが、これも阿蘇ならでは体験ということで。


お風呂はちょっとびっくりしたのが、内風呂がなく。
寒かったので内風呂で温まってから、露天風呂に入ろうと思っていたのに・・・
露天風呂もひとつはぬるめ、いや結構冷たく。湯が出てくる温かい場所を陣取り(笑)


a1P1300145.jpg

なんだかんだといいながらも、お風呂で温まり、風呂上りのビール。
旨かったぁ〜
温泉に入って、ビール飲んで。最高の休日です。


a1P1300017.jpg

JRま時間に合わせて立野駅まで送ってもらいました。
ちょっと早めに着き、立野駅のお土産屋さんに。


楽しい一日だった。
女子だからこそ、楽しめる内容で、あっという間に過ぎてしまった。
これで 4,400円は安いわ。


【女子旅きっぷ】
「エステ」+「温泉」+「グルメ」がセットになった日帰りの旅

詳しくはこちら
JRの女子旅きっぷの旅
2011年3月31日まで




肥後街道 南阿蘇温泉 癒しの里 
   お宿 伊織(いおり)・旅籠 静和(はたご しずか)

熊本県阿蘇郡南阿蘇村立野541-8
TEL 0967-23-5335

posted by 夢子 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【熊本】日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【熊本】JR九州の女子旅きっぷ 肥後街道 南阿蘇温泉 癒しの里 伊織・静和で癒される(2)

前ページのつづき


肥後街道 南阿蘇温泉 癒しの里 お宿 伊織(いおり)・旅籠 静和(はたご しずか)

阿蘇の山々が広がる風景を楽しみたいところだが、この日は寒い日だったので、早々と館内へ。


a1P1300038.jpg

一歩、館内に入ると、古民家造りになっており温かみを感じる。

玄関を入り、正面に受け付けがある。

【大浴場・日帰り】
営業時間  10:30〜21:00
1名様    500円
月〜木の17:00頃迄は300円

【家族風呂・日帰り】
営業時間  10:30〜22:30
ご利用時間  60分
月〜木の17:00頃迄は90分
1部屋 2,000円
※日曜・祝祭日の4時以降は50分、1800円



肥後街道茶屋

女子旅きっぷの「エステ」「温泉」「グルメ」は自分たちの好きなように順番を決めれる。
ただ、エステは予約が入っていると好きな時間がとれないので、予約時に決めた方がいいかも。

私たちは ランチ ⇒ エステ ⇒ 温泉 の順に。

まずは、肥後街道茶屋へ。


【食事処 肥後街道茶屋】
営業時間 11:30 〜 21:00 (オーダーストップ 20:30)



癒しの里恒例ひなまつり 

a1P1300047.jpg


a1P1300049.jpg


癒しの里ひなまつり開催中。運がいいよね〜 女子旅なのでみんなにこにこしながらお雛様をみていた。
やっぱ、いくつになっても、お雛様はいいな。さげもん(吊し雛)は大きく、華やか。お雛様の表情がそれぞれ違って、見応えがある。


a1P1300058.jpg

a1P1300079.jpg


民芸調で落ちついた食事処。
女子旅きっぷはここでの時間が長いです。長いといってもね、女子の集まりなのでずっとしゃべっているので時間はあっという間に過ぎていくが。


a1P1300055.jpg

私たちの席はちゃんと確保されています。
席はゆったりしていいんだけど、床が冷たく。何しろ、寒い日だったので足が冷えました(><)


a1P1300064.jpg
お料理は決まっています。だから出てくるのを待つだけ。

お漬物。これは4人分。


a1P1300085.jpg

a1P1300087.jpg

ビールは別です(笑)

地元食材を使ったお料理ですが、特に説明がなかったのでよくわかりません(^^;;
女子旅なので、量はちょうどいい。多すぎず少なすぎず。
ひともじや辛子レンコンなど熊本ならではお料理も。


a1P1300100.jpg

トマト鍋
あつあつのお鍋は美味しい。スープが美味しくて結構飲みました。
トマトだけど、トマト、トマトしていない。野菜や鶏肉、ウインナーの旨味がでて、美味しかった(^^)


お料理を食べ、ビールを飲み、しゃべって。エステの時間までのんびり。
エステの時間になるとスタッフの方がお知らせしてくれるので、伊織・静和さんにいる間は時間の心配をまったくせずにすむ。これって嬉しい。普段、時間を気にせず生活するなんてできないので・・・


つづく

肥後街道 南阿蘇温泉 癒しの里 
   お宿 伊織(いおり)・旅籠 静和(はたご しずか)

熊本県阿蘇郡南阿蘇村立野541-8
TEL 0967-23-5335

posted by 夢子 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【熊本】日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【熊本】JR九州の女子旅きっぷ 肥後街道 南阿蘇温泉 癒しの里 伊織・静和で癒される(1)

JR九州の女子旅きっぷ 肥後街道 南阿蘇温泉 癒しの里 伊織・静和で癒される

阿蘇には年に何度も行く。もちろん遊びで。ランチしたり、温泉に入ったり。大好きな場所だ。
いつもは車だが、今回はJR九州の『女子旅きっぷ』を利用してJRに乗って女友達と行ってきた。
『女子旅きっぷ』は「エステ」+「温泉」+「グルメ」がセットになった日帰りの旅で、これが結構お得だ。

詳しくはこちら
JRの女子旅きっぷの旅
2011年3月31日まで

私は光の森から乗った。料金は乗車駅によって違うが、光の森からならひとり4,400円。
これでJR、ランチ、エステ、ランチ込み。時間も癒しの里 伊織・静和さんでの滞在時間が5時間以上とゆっくりできる。


a1P1300001.jpg
光の森駅

光の森は生活圏内なのでよく行くが、JRとは無縁の私は駅に入るのははじめて。
これだけでテンションがあがり、ワクワクする。

JRに乗ったことがない私たちは改札口で駅員さんに確認(笑)


a1P1300004.jpg

まずは光の森から大津まで行く。
ローカル線でめずらしくもないが、鉄子になった気分で写真を撮る(笑)


a1P1300007.jpg

あっという間に大津駅に。10分乗っているかどうか・・・
それでも妙にテンションが高い私たち(笑)


a1P1300010.jpg

乗り変えをして立野へ。
ここでもうひとり友人と合流。

この女子旅きっぷは、どこから乗ってもOK。だからそれぞれが最寄りの駅から乗ることができるので便利だ。


a1P1300147.jpg

a1P1300150.jpg


またまた、あっという間に立野についた。時間にして20分弱。
プチ旅行ともいえないぐらいの早さ。でも、普段電車に乗らないから楽しい〜

普段、車ばかりなので、電車に乗っていくのは新鮮。
同じ阿蘇でも、いつもとはひと味違うワクワク感がある。


a1P1300019.jpg

立野駅から伊織・静和さんのお迎え。
立野駅から自分たちで行くとなると近いと行ってもきっと不便だと思う。お迎えはありがたいね〜

てっきりマイクロバスかと思ったら、自家用車だった。これにはちょっとびっくりしたが、4人なのでOKだ。


伊織・静和さんの正式名称は、
肥後街道 南阿蘇温泉 癒しの里 お宿 伊織(いおり)・旅籠 静和(はたご しずか)と長い名前だ。
敷地が広く、敷地内に『お宿 伊織(いおり)』と『旅籠 静和(はたご しずか)』がある。静和のほうがお高めのよう。

今回、私たちの女子旅きっぷは客室は利用できないので、どんな感じかわからず。


a1P1300025.jpg

a1P1300027.jpg


a1P1300033.jpg


車を降り、門をくぐり、アプローチを進んで行く。
雪があちこちに残っている。こんな風景も冬の阿蘇ならでは。


つづく

肥後街道 南阿蘇温泉 癒しの里 
   お宿 伊織(いおり)・旅籠 静和(はたご しずか)

熊本県阿蘇郡南阿蘇村立野541-8
TEL 0967-23-5335

posted by 夢子 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 【熊本】日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

【熊本】植木温泉 旅館 ややの湯で日帰り入浴&ランチ

植木温泉 旅館 ややの湯

美肌の湯で知られる植木温泉。
熊本市内にあり地元の人だけじゃなく、県外の人たちも多く訪れる。

日曜日に利用したので、駐車場には県外ナンバーもちらほら。


zP1230004.jpg

お昼前にややの湯さんに行ったが、タイミングがいいか、何組ものお客さんと一緒になった。


zP1230009.jpg

玄関を入るとすぐに受け付けがある。
全体に木をたくさん使ってあり優しい落ちついた空間だ。


zP1230012.jpg

今回は日帰りだが、客室が利用できるプランに。
お部屋が借りれて、温泉、会席風松花堂弁当つき4,920円です。平日は3,920円。

やや湯さんは客室4室。つまり一日限定4組のみなのだ。
こんなところに泊まったら、きっと行き届いたサービスだろうな。


zP1230015.jpg

部屋の障子をあると、目の前には露天風呂が。
庭を利用して作ってあり、趣があり、なかなかいい感じ。

お昼食べているとサギがやってきたよ。写真撮れなかったが・・・


zP1230017.jpg

やさしいお湯。いつまでも入っていたいまろやかな湯。
静かなで、日曜日の昼間から贅沢なひとときを過ごした。

大浴場もある。露天風呂、でんき風呂、サウナがある。


zP1230036.jpg

温泉に入り、気持ちよくなったところでお食事。
食事は好きな時間に用意してもらえる。だからゆっくり温泉に入ったあとに食事ができる。


zP1230037.jpg

お刺身、天ぷら、煮物・・・などいっぱい。
茶碗蒸しや天ぷらは出来たてなてので、部屋食でも温かい状態でいただける。これは嬉しかったね。
お料理自体はそれほどかわったものはない。一般的な旅館の料理。
まぁ、どれも美味しかったのでよかったけど、かぼちゃ、さつま芋、里芋とイモ類が多く。量が結構あるところにイモ類なので、おなかいっぱいに。


zP1230073.jpg

だご汁
寒い冬には、だご汁ですよね。ここらへんは熊本らしくいいね。
あつあつの状態でいただきました。美味しかったぁ〜 だしがしっかりきいていて汁まできれいに飲み尽くしました。


11時半から14時半の3時間をゆっくり過ごすことができました。
すごく静かで、なんか別世界のようでした。
温泉に入り、ご飯を食べて、ゴロゴロして、最高の休日でした。休みの日はこんな過ごした方が一番疲れがとれる。
それに、また明日から頑張ろうって気持ちになれる。


植木温泉 旅館 ややの湯(公式サイト)
旅館 ややの湯
icon ←じゃらん、クチコミあり
熊本市植木町米塚366
TEL 096-274-6383

posted by 夢子 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【熊本】日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

阿蘇・南小国にある小田温泉、草太郎庵の日帰り温泉

阿蘇・南小国にある小田温泉(おたおんせん)
黒川温泉にほど近いところにあり、杉木立と田園風景の広がるのどかな温泉郷。
黒川温泉は全国的に有名で、週末は観光客でいっぱいだが、ここ小田温泉は静か。観光地化しておらず、小田川沿いにぽつりぽつりと並ぶ宿は風情がある。

小田温泉の開湯は昭和50(1975)年頃とまだ新しい。
毎晩のように田園から湯が湧く夢を見た人が試しに近くの田園を掘ったところ温泉のはじまりと伝えられる。

温泉の泉質は単純泉。美容にいいといわれる『メタケイ酸』を多く含んでおり保湿効果が期待できる。そのほかに切り傷、打ち身、高血圧、疲労回復、痔などにも効果があるといわれている。


bPA310101.jpg
草太郎庵(そうたろうあん)
ここは宿泊、日帰り入浴、昼食ができます。

草太郎庵の建物は樹木に守られるように建っている。
車から降り、駐車場にいるだけで、美味しい空気がからだの中に入ってくる。


PA310121.JPG
日帰り入浴は、貸切風呂となっている。
貸切料が1,000円、入浴料がひとり500円。

大浴場もいいけど、ゆっくりと入るにはやっぱり貸切湯がいい。


bPA310119.jpg
入口の扉を開けると、目の前に露天風呂が!
半露天になっているので、これは真夏でも入れるな〜

造りはシンプル。露天風呂と体を洗う所。それに着替えは簡単な台があるだけ。


bPA310109.jpg

bPA310111.jpg

お湯がまろやか。
お湯はぬるめ。これがいい。ゆっくり入るにはぬるめだよね。

空を見上げ、まわりの木々を眺めながら、ぼぉーとお湯に浸かっていると、肌が潤いすべすべに。

雑音がなにもしない、自然の風を感じ入るお湯は最高!


そば処・宿泊『草太郎庵(そうたろうあん)』
熊本県阿蘇郡南小国町小田温泉  
TEL 0967‐44-0108

お食事・入浴時間 11:00〜15:00
定休日 金曜日(祝日は営業)


posted by 夢子 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 【熊本】日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

【山鹿】平山温泉 『お宿 湯の蔵(ゆのくら)』  新館・寿亭で休憩ランチ

20100904_104500.jpg

山鹿市(やまがし)の西北へ約5キロメートルにある平山温泉。
人里離れた田舎町にある温泉街。ここが数年前からブームだ。

平山温泉の起源は延暦年間(8世紀)といわれ、古い歴史がある温泉です。
今から約1200年の昔、このあたりに悪性の皮膚病が大流行し村人は大変苦しんでいたそうです。そこで村人は、はるか遠くの阿蘇大明神にお祈りを捧げました。すると大明神は一夜のうちに高き山を開き深き谷を埋めて平坦な地を造られたそうです。 それからこの一帯を「平山」と呼ぶようになりました。そして豊かな温泉が湧き、それに温泉に入るとと悪性の皮膚病はたちどころに良くなったそうです。

加藤清正が汗疹(あせも)を治したと伝えられています。古くから医治効用の高い良質の温泉として、あらゆる人々に愛されてきました。

平山温泉・公式HP


【お泊りのお問い合わせ】
平山温泉観光協会
熊本県山鹿市平山5346-1
TEL 0968-440522

営業時間 10:00〜17:00

【温泉施設】
・旅館16軒(日帰り入浴可能の旅館もあります。)
・温泉施設6軒(日帰りのみ。家族湯もあります。)
・温泉+食事の日帰りプランもあります。



20100904_142434.jpg

関東で働いてる二女が久しぶりに帰ってきたので、温泉に行こう〜という話になり・・・
阿蘇にしようかなと思ったが、近くてもなかなか行けない平山温泉に行くことに。

我が家から1時間もあれば余裕でつくので泊まりではなく、休憩&昼食に。

平山温泉でも有名な『湯の蔵(ゆのくら)』へ。
ここは部屋をまるごと借りることができるので、プチ旅行気分が楽しめる。



20100904_110421.jpg

湯の蔵 寿亭
今回利用したのは本館ではなく、平成18年に完成した新館・寿亭(ことぶきてい)。

離れ造りになっており、木をいっぱい植えてあるので、まるで隠れ家のようだ。
まずは寿亭で受け付け。木をふんだんに使い、囲炉裏もあり、もうここにいるだけで別世界。



20100904_141621.jpg

寿亭の敷地内にいくつもの離れが建っている。
がらがらと戸を開け、中に入る。まるで我が家に帰って来たような気分。


平山温泉「湯の蔵」  古民家調の風情ある建物と深緑に囲まれた環境でゆったりと温泉を楽しめる

きれいな和室。
窓からは離れ専用の庭も・・・

玄関、和室、洗面所、お風呂、トイレとあり、決して大きくはないが過ごしやすい造りになっている。
いい感じで窓から木が見えるので癒されるし落ち着く。



20100904_110629.jpg

部屋についている半露天風呂
大人ふたり入るのが限度だが、ひとりで入るならちょうどいい大きさ。
屋根もついているので暑い昼間でも気持ちよく入ることができる。

お湯は肌にしっとりとまとわりつき、柔らかい肌触りいいお湯。
ほんのりととろみもあり、気持ちがいい。

ご休憩・お食事プランは大浴場も利用できるが、この露天風呂で満足してしまい・・・ 大浴場には入らず。


【泉質】
アルカリ性単純硫黄泉 泉温42.1℃ 掛け流し

【効能】
慢性皮膚病、婦人病、糖尿病、神経痛、運動麻痺、関節痛、筋肉痛、五十肩、間接のこわばり、うちみ、くじき、きり傷、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復期、健康増進、美肌効果



日本料理の職人手づくりの料理

日帰りプランの昼食
一般的な旅館で出るよう料理をお昼向けにした感じ。
ひとり用の鍋もあり、プチ宿泊気分。

これ、量が多く、おかずを食べのが精いっぱいだった。ご飯まで食べれなくもったいないことをしたぁ〜

休憩は11時から14時半までなので、食事の配ぜんは簡単にできるように小鉢は箱入り。
これは助かります。何度も何度も出入りされると落ち着きませんからね。


3,800円と4,500円のコースがあり。
人数によっても金額はかわってきます。
今回は娘とふたりだったので、4,500円コース。
部屋でゆっくりし、温泉に入る。旅館が用意した作務衣を着て、だらっと食事。昼間のひとときを贅沢に過ごしました。
泊まりは11,000円〜ですが、近いので数時間の休憩でもリフレッシュできます。


平山温泉 お宿 湯の蔵(ゆのくら)
熊本県山鹿市平山5255-2

日帰り温泉 湯の蔵
TEL 0968-43-4070

お宿 湯の蔵 別館(福亭・寿亭)
TEL 0968-43-4165
posted by 夢子 at 11:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 【熊本】日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

露天風呂が自慢! 南阿蘇にある久木野温泉 木の香湯

久木野温泉 木の香湯 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰3636番地

久木野温泉 木の香湯 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰3636番地


南阿蘇にある久木野温泉 木の香湯(くぎのおんせん このかゆ)俵山トンネルを抜け、Yショップを左へ。車で1〜2分のところにある。

窓をふんだんに使った開放感あふれるお風呂。
大浴場から、露天風呂から阿蘇の景色が楽しめます。
お湯はやわらかくて、肌触りがよく、景色を楽しみながらついつい長湯になります。
地元の方も多く利用しており、お風呂に浸かりながら阿蘇弁を聞くのも楽しい。ってわからない言葉もありますが・・・

毎月26日はお風呂の日
薔薇湯、柚子湯、林檎湯、ミカン湯など四季折々のお湯が体験できます。

レストラン「りんどう」もあり、食事もできるし、休憩室もあるのでゆっくり過ごすことができます。

木の香湯は、お湯良し、景色良しでお気に入りなんですが、入浴料も400円と安い。
熊本は一般的に500円のところが多いんですが・・・
入浴料の100円って大きいですからね。
温泉に入って、リフレッシュし、帰りに南阿蘇の新鮮な野菜を買ってきます。
美味しい野菜をいっぱい食べ、元気モリモリ。



天気のいい休日に、車を走らせて南阿蘇に行くのが好き。
その気分でイロナキカゼ駱駝でランチをして、木の香湯でのんびり温泉に入るとめちゃくちゃ幸せな気分になる。
美味しいランチを食べ、やさしいお湯に浸かり、阿蘇のお山を眺めな・・・
これが次への活力になる。熊本に住み、熊本の美味しいものに出会い、熊本のいい湯に浸かり幸せだ。



久木野温泉 木の香湯(くぎのおんせん このかゆ)
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰3636番地
TEL 0967-67-2332
営業時間 10:00〜22:00
入浴料 大人 400円 子供 200円
定休日 毎月第1水曜日(休まず営業する月や、臨時休業日もあり)

posted by 夢子 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【熊本】日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五右衛門風呂と弥次喜多風呂の個性的なお風呂がある俵山温泉 泉力の湯(たわらやまおんせん せんりきのゆ)

俵山温泉 泉力の湯 たわらやまおんせん せんりきのゆ 五右衛門風呂 弥次喜多風呂

西原村にある俵山温泉 泉力の湯(たわらやまおんせん せんりきのゆ)
熊本空港から車で15分と近く、県内外の人に親しまれている温泉。

28号線を南阿蘇に向かって走っていくと、左側に「泉力の湯」の大きな看板があるのですぐにわかります。
この看板から中に入っていきます。ちょっと上がっていくと駐車場があります。
週末はお客さんが多いので、駐車場も広いです。

お食事処「泉力(せんりき)」、喫茶コーナー、売店、俵山夢市場があり、温泉に入って、食事して、買い物をして・・・ 一日ゆっくりと楽しめます。


俵山温泉 泉力の湯 たわらやまおんせん せんりきのゆ 五右衛門風呂 弥次喜多風呂

■入浴料
大人 500円(中学生以上)
小人 200円(3才〜小6)

料金は一般的です。
俵山の景色を眺めながら、温泉に入れるので安いぐらい。
ちょっと高台にあるので景色がきれいです。新緑の季節は緑がすごく美しく最高です。

景色だけでなく、お風呂もおもしろい。
俵山がよーく見える大浴場、露天風呂、泡のマッサージでゆっくりとリラックスできる寝湯、不思議な湯、サウナなどがあります。
不思議な湯はどうしてこういうネーミングなのかわかりませんが(笑)、放射性物質ラジウムによるラドン温泉効果で湯気を吸い込み、肺からと皮膚から吸収されたラドンが身体をしっかり者てくれます。

お風呂は男性、女性が入れ換わるようになっています。
五右衛門風呂と弥次喜多風呂とちょっと変わったのがあり、これが日替わりで楽しめるんですが・・・

五右衛門風呂
大切畑池を見下ろしながら石川五右衛門になったつもり入ります。

弥次喜多風呂
江戸時代の滑稽本、東海道中膝栗毛で、五右衛門風呂の入り方がわからず釜の底を踏みぬくという失敗談があり、その桶風呂を石臼風の湯舟で再現。

五右衛門風呂と弥次喜多風呂は遊び心があって楽しい。
東屋風の屋根があるので、まともに太陽を浴びないし・・・


初夏の新緑、秋のコスモスの季節が一番好きです。
景色を眺めながら、露天風呂に入るのは最高。
熊本市内から近いけど、ここにくると自然を感じながら温泉に入ることができるので気軽にリフレッシュできる場所です。

俵山温泉 泉力の湯(たわらやまおんせん せんりきのゆ)
熊本県阿蘇郡西原村小森2057-1
TEL 096-279-3752
営業時間 10:00〜22:00
定休日 第3水曜日
入浴料 大人 500円(中学生以上)、小人 200円(3才〜小6)

ボディシャンプー、リンスインシャンプー完備
ロッカーは最初100円必要ですが、あとで戻ってきます。


posted by 夢子 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【熊本】日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

【家族湯 七水木温泉郷】菊池市七城町のある天然温泉 家族湯 七城の森

天然温泉 家族湯 七城の森 熊本県菊池市七城町亀尾1491-1  七水木温泉郷

天然温泉 家族湯 七城の森 熊本県菊池市七城町亀尾1491-1  七水木温泉郷


菊池市七城町にある家族湯「七城の森」です。
熊本市内から387号線を菊池方面に進み、泗水豊富の信号を左に入り、道なりに走っていくと「七城の森」があります。
あたりはのどかな田園風景でぽつんと温泉があります。
熊本市内からちょっと車を走らせるだけで、こんな風景に出会うのは熊本ならでは。こういう風景がいつまでも残ってほしいなぁ〜

入口に入るとすぐに受け付けがあります。
券売機でチケットを購入。

家族湯 50分 1,000円
露天風呂付家族湯 50分 1,200円
離れの間家族湯 50分 1,700円
※定員 大人2名まで(小学生以下無料)、離れの間は人数制限なし
※大人1人追加 200円
※延長料金 10分 200円、離れの間は10分 300円
※深夜料金 22:00以降は100円増し
※平日200円OFF
※平日限定 17時まで入室は3時間 3,000円
※平日限定 10時〜17時は何時間でも 5,000円

七城の森の一番人気は、休憩室がついた離れの間です。
露天、打たせ湯、寝湯、畳スペースがある休憩室がついています。
今回は一番安い家族湯にしました。


天然温泉 家族湯 七城の森 熊本県菊池市七城町亀尾1491-1  七水木温泉郷

受け付けで部屋番号をもらい部屋へ。
内庭を囲むようにして部屋が作ってあります。


天然温泉 家族湯 七城の森 熊本県菊池市七城町亀尾1491-1  七水木温泉郷

脱衣場はまずまずの広さです。
掃除もきちんとしてあります。
おしゃれ感はありませんが・・・

備え付けのドライヤーがあります。ちょっと古かったけど・・・
灰皿も置いてあり、煙草OKのようですが、ここで煙草を吸われたら次に入る人は臭いだろうな。禁煙にしてもいいのでは。
エアコンは有料。
ボディシャンプー、シャンプー、リンスはありません。販売あり。


天然温泉 家族湯 七城の森 熊本県菊池市七城町亀尾1491-1  七水木温泉郷

天然温泉 家族湯 七城の森 熊本県菊池市七城町亀尾1491-1  七水木温泉郷


かなり大きめの浴室です。゛
お湯が柔らかくて、最初に入るとちょっとトロッと感じます。お湯はぬるめなのでゆっくり入れます。
浴室の一面が窓になっているので、自由に開閉できます。お湯に浸かり熱くなったら窓を開けると気持ちいい〜
でっかいお風呂に浴室と浴槽があるだけ。特にこれといったところはないけど、お湯は最高。肌がつるつるして10才ぐらい若返った気分になります。

定員が大人2人ですが、浴室には4〜5人入れそう。
七城の森の家族湯は、家族で行くのが一番かな。パパ、ママ、子どもといっしょに入るのにぴったりだと思う。
カップル向きではないですね。離れの間家族湯ならカップルでもいいかも。


天然温泉 家族湯 七城の森 熊本県菊池市七城町亀尾1491-1  七水木温泉郷

小さいけど庭もあります。庭を眺めながらお風呂に入るとホッとします。


いい気分(温泉) 家族湯 七城の森
熊本県菊池市七城町亀尾1491-1
TEL 0968-23-5888


家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう)

七城町・・・七城の森
泗水町・・・月ノホタル・亀の甲温泉・とよみずの湯
植木町・・・湯〜庵・はなみずき

上記6つの温泉施設から成り立っています。
6施設の家族湯を利用すると1,0000円相当の素敵なプレゼントがあります。
各施設にスタンプカードがありますので、是非6つの湯めぐりをしてくださいね。


posted by 夢子 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 【熊本】日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

【家族湯 七水木温泉郷】熊本・植木町にある家族温泉「はなみずき」でのんびり

家族温泉「はなみずき」  熊本県鹿本郡植木町平井987-1 家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう) 美肌の湯

家族温泉「はなみずき」  熊本県鹿本郡植木町平井987-1 家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう) 美肌の湯


植木町にある家族温「はなみずき」は、美肌の湯、美人の湯。
美肌の湯、美人の湯と聞くと女なら入りたくなりますよね。 ウフッ

国道3号線・植木インターを北上し、植木農免道に入り道なりに進みます。宝田橋を渡り左へ。すぐにつき当たるのでそれを右へ。数メートルで家族温「はなみずき」があります。
宝田橋を渡るとはなみずきの看板が出ています。看板の手前を左に曲がってね。
田んぼの中に建っている温泉風呂ですが、平日の午前中に行ったのにすでに半分ほどお客さんが入っていました。
すごい人気ですね〜 「きれいで、ゆっくり入れる〜」と評判は聞いていましたが、平日でこの入りなら週末はきっとすごい人でしょうね。

駐車場に車を止め、母屋へ(写真左)
券売機でチケット購入。
1部屋 40分 1,200円、50分 1,500円、60分 1,800円
時間ごとに料金設定があります。これっていいですよね。


家族温泉「はなみずき」  熊本県鹿本郡植木町平井987-1 家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう) 美肌の湯

家族温泉「はなみずき」  熊本県鹿本郡植木町平井987-1 家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう) 美肌の湯


離れが5つあります。ひとつの離れにふたつの部屋が作ってあります。
この雰囲気だけでも、すでに気分がいいです。なんか家族湯なんだけど旅行に来た気分。

10室の浴室はすべて浴槽の造りが違います。またお風呂から見える庭の造りも異なります。


家族温泉「はなみずき」  熊本県鹿本郡植木町平井987-1 家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう) 美肌の湯

きれいな脱衣所。
はなみずきは、2年ほど前に出来ましたがきちんと掃除してあり、ついこの間オープン感じ。
気持ちがいいですね。どんなにいい温泉でも清潔感がなければダメですからね。

脱衣場にはベンチ?もあり、お風呂上りに休憩もできます。
扇風機、ドライヤー、美水泉(モイスチャーゲル)はあります。エアコンは有料。
シャンプー、リンス、ボディーソープ、石鹸などはありません。有料はあり。


家族温泉「はなみずき」  熊本県鹿本郡植木町平井987-1 家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう) 美肌の湯

家族温泉「はなみずき」  熊本県鹿本郡植木町平井987-1 家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう) 美肌の湯


家族温泉「はなみずき」  熊本県鹿本郡植木町平井987-1 家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう) 美肌の湯


竹林
石を組み上げて作った浴槽、通称 ”かぼちゃ風呂” のお風呂です。
部屋の名が「竹林」となっているだけあり、庭には竹が植えてあります。

天然掛け流しの美人湯です。
お湯が柔らかくて、ぬるめなのでゆっくり入ることができます。
5分ほど入っていると肌がつるつる。お風呂上りはつるつる、しっとりで肌が若返ったみたい。
もったいないぐらいお湯がどんどん出てきます。直接触ってちょうどよく。
めちゃくちゃ極上の幸せなひとときを過ごせます。

はなみずきは、1室 大人3人が定員なんですが、この湯船にはふたりが限界。

泉質  ナトリウムー炭酸水素塩泉(重曹泉)
効用 慢性皮膚病、切り傷、火傷etc



家族温泉「はなみずき」  熊本県鹿本郡植木町平井987-1 家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう) 美肌の湯

半露天風呂で、外の風が入っています。
ただ、虫が入ってくるんでしょうね。網戸になっています。
こういうのはめずらしいわ。温泉に網戸ってちょっと場違いな気がしますが・・・

湯船から外を眺めていると、ときおり冷たい風が入ってきて気持ちがいい〜
夜はライトアップして幻想的です。


家族温泉「はなみずき」  熊本県鹿本郡植木町平井987-1 家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう) 美肌の湯

10分延長で300円。
女性の場合、髪の毛を乾かしていて予定より時間オーバーなんてことがありますよね。
パウダールームにドライヤーがあるので、髪の毛はちゃんと乾かせます。

こういう配慮はありがたいです。

はなみずきに一歩足を踏み入れた瞬間から、温泉らしい温もりがあり、気持ちよくいい湯に入ることができました。
脱衣所、浴室もきれいで、女性が好むつくりになっています。


家族温泉「 はなみずき 」
熊本県鹿本郡植木町平井987-1
営業時間 10:00〜翌日2:00(最終受付 AM1:00まで)
定休日 なし
駐車場 25台


家族湯 七水木温泉郷(なみきおんせんきょう)

七城町・・・七城の森
泗水町・・・月ノホタル・亀の甲温泉・とよみずの湯
植木町・・・湯〜庵・はなみずき

上記6つの温泉施設から成り立っています。
6施設の家族湯を利用すると1,0000円相当の素敵なプレゼントがあります。
各施設にスタンプカードがありますので、是非6つの湯めぐりをしてくださいね。
posted by 夢子 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【熊本】日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

【熊本市】ロマネスクリゾート菊南・温泉館「花の湯」年代を感じさせる温泉

【熊本市】ロマネスクリゾート菊南・温泉館「花の湯」年代を感じさせる温泉

敷地が10,000坪あるロマネスクリゾート菊南。
その中に温泉館がある。「花の湯」、サウナなどがある「鶴の湯」、「貸切家族風呂」の3つのお風呂がある。

一般的によく利用されるのが「花の湯」。
内湯と岩の露天風呂がある。
設備自体は古いが、きちんと掃除されているので清潔感がある。

無色透明・弱アルカリ性の柔らかいお湯で、肌がつるつるとなる。
露天風呂は少しぬるめ。内湯と交互に入ると体の芯から温まる。

お湯自体がいいので、平日でも開店と同時に常連客がやってくる。

値段は350円安いので、古くても気にならない人にはもってこいの温泉だ。


泉質:単純温泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、疲労回復、健康増進、五十肩等


ロマネスクリゾート菊南
熊本県熊本市鶴羽田町659 
TEL 096-344-5600

花の湯 大人300円、子ども200円
貸切家族風呂 60分 2,000円
入浴時間 10:00〜翌1:00(受け付けは24:00まで)
posted by 夢子 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 【熊本】日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする