2014年09月07日

【長崎】思案橋ラーメンは福山雅治のサインがいっぱい

DSC_1818~2.jpg


長崎の思案橋ラーメンは、福山雅治お気に入りのお店ということで有名。

福山ファンなら、誰もが一度は訪れたいお店です。

私もついに店内に足を踏み入れることができました

以前行ったときは長蛇の列で、夫に、『並んでるから他に行こう』といわれ、泣く泣く断念。

でも、今回は11時半のオープンについたのですんなり入ることができました。




DSC_1826~2.jpg


店内の一角には有名人のサインがいっぱいです。

思案橋ラーメンは昭和感満載のラーメン屋さんですが、いろいろな人が訪れているようです。


DSC_1835~2.jpg


DSC_1837~2.jpg


福山のサインは別格です。

大きな額にまとめていれてあります。

そして、それでも入りきらず、その横にも

このサインを自分の目で見れるだけで幸せですね。

でも、お店はお客さんがいっぱいで、写真を撮る人もいるので、この前でじっくり見ることはできず。

写真を撮ったら、自分の席に戻ります。するとほかのファンの方が写真を撮り・・・

すべてのお客さんが福山のファンではないので、お客さんに迷惑がかかわないよう、静かにサッと写真を撮ります。


DSC_1831~2.jpg


これが、福山お気に入りの爆弾チャンポンです。

爆弾ってすごいネーミングですが・・・ にくにくラードです。

インターネット上には、思案橋ラーメンが美味い、まずいなんていろいろと書かれていますが、福山ファンにとっては格別の味ですね。

だって、このお店に福山が来て、このチャンポンを食べるんですからね。それだけで心身ともに福山一色になり、超美味しいチャンポンとなります

ひと口、ひと口丁寧に食べるんだけど、福山がチラチラと浮かび・・・ 完全に味が美化されます(笑)


長崎にいるだけで、福山と一緒になった気分なのに、ここにいるとそれがもっと強くなります。

今年の夏はいい夏だったなー



関連ランキング:ラーメン | 思案橋駅観光通駅西浜町駅




posted by 夢子 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

【長崎】ホテルヨーロッパの極上フレンチ『デ アドミラル』でランチ&ワインを堪能

ハウステンボスリゾート


ハウステンボスに行ってきましたぁ〜
子どもたちが小さい頃は何度も遊びに行きましたが、最近はご無沙汰で13年ぶりのお邪魔となりました。

目的は『幻のゴッホ展 ―パリ時代のゴッホ、空白の2年間―』です。日本初公開の作品が36点もあるということで、これは自分の目で見なくちゃと思い夫と行ってきました。

とてもお天気がよく、気持ちよくハウステンボス内を散策。夫とふたりなのでアトラクションなどは一切触れず、ゆっくりとランチを楽しみ、ゴッホ展を観てきました。


ホテルヨーロッパ

ランチはホテルヨーロッパにあるフレンチの『デ アドミラル』さんに。

こちらのホテルに行くのははじめてですが重厚感があり、ここにいるだけでなんか自分がいつもの自分ではなくなるような・・・ 



デ アドミラル

秋のおすすめメニュー 4,000円

■シェフからの贈り物
■キノコと魚介類のマリネ
■かぼちゃのポタージュ ヴァニラの香りのカプチーノ仕立て
■長崎産シイラのロティ カボスの香り
■アドミラル特製のデセール
■コーヒーまたは紅茶

落ち着いた室内で、時折外の風景を楽しみながら、昼間からワイングラスをかたむけ極上のひとときを過ごしてきました。

お料理はどれも手が込んでおり美味しかったです。ひとつひとつ丁寧に作ってあるので、私もひとつひとつ味わっていただきました。

シャンパン、赤と飲む、メインのお魚料理に合わせて白をチョイス。昼間からかなり飲みました。窓から入ってくる明かり、目を楽しみませくれるお料理、舌を満足させてくれるお料理・・・ これらがどれもワイン合います。


すてきな休日のランチでした。まぁ行きたいな〜

ハウステンボスリゾート(公式サイト)

HOTEL EUROPE(ホテルヨーロッパ)





関連ランキング:フレンチ | ハウステンボス駅南風崎駅



posted by 夢子 at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

【長崎県平戸の旅(6)】あごだしラーメンの大氣圏(たいきけん)

トップ > 長崎県平戸の旅 >


前ページつづき
大氣圏(たいきけん)

カトリック山田教会のあとは昼食。山田教会から生月大橋(いきつきおおはし)にほうにちょっと戻る形になるがここは小さな島。多少戻ることになっても時間はかかりません。
大氣圏(たいきけん)。ここはあごだしラーメンが有名。この近くにはほかに飲食店もあるが人気なのかオープンの11時半前に着いたがすでにお客さんが並んでいた。オープン時にはかなりの行列ができ、オープン開始とほぼ同時に満席に。これにはびっくりした。GWの土曜日ということもあり混んでいたのかもしれないがすごい人気だ。


hP4300125.jpg

メニューは決して多くない。そこがまたいいね。


hP4300121.jpg

店内の真ん中にどーんと居座っているのがおでん。お客さんは当然のようにおでんを皿に取っている。そんな姿をみて私もおでんを食べることに。


hP4300122.jpg

はんぺんとこんにゃく
味がしっかりしみて美味しかった!


hP4300129.jpg

ギョーザ
醤油がちょっと甘い。最初口に入れた時は感じないがギョーザを食べ終わるとほんのりと醤油の甘さが残る。九州は醤油が甘いんだけど餃子のタレに甘さが残るのは珍しい。これなかなかいいよ。


あごだしラーメン

あごだしラーメン
平戸はあご(トビウオ)が有名。そのあごでしっかりだしをとったスープは透き通ってきれい。あっさりして美味しい。


あごだしラーメン

麺もうまい。スープとの絡みが絶妙。なると美味しかったぁ〜
シンプルで、シンプルな中にきりっとひかるあごだしスープが最高! 


大氣圏(たいきけん)
長崎県平戸市生月町南免4432-101
電話  0950-53-3130
営業時間 11:30〜17:00(閉店18:00、土・日曜、祝日は〜18:00、閉店19:00)
定休日  月曜(祝日の場合は翌日)

posted by 夢子 at 15:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

ちゃんぽん発祥のお店「四海楼」は、長崎港から稲佐山まで望める素敵なレストラン

四海楼(しかいろう) ちゃんぽん発祥のお店 

長崎の四海楼(しかいろう) 

四海楼といえば、ちゃんぽん発祥のお店で有名だ。
四海楼という名前こそ知っていたが、実際に訪れるのははじめて。

四海楼=ちゃんぽん
このイメージだったので、それなりの中華料理のお店を想像していた。
中華街にあるようなお店を・・・
それが、このでかさ! マジでびっくり!
このビルすべてが、四海楼です。すごいよ。

明治25年、福建省福州の出身、19歳の陳平順(ちんへいじゅん)氏が長崎にやっていた。当時19才だった平順氏は「長崎でひと旗あげよう」と。

リヤカーに反物を積み、遠くは島原まで足をのばし、行商しながら資金を貯えた。日清戦争を機に華僑に対する風当たりが強くなったが、平順氏は無心に働くことで苦境を乗り切った。7年後の明治32年、明治の初めまであった唐人屋敷の入口付近、広馬場に中華菜館兼旅館の『四海樓(しかいろう)』を創業。

食べ盛りの留学生のひどい食生活を見るに見かねて、どうにかしたいと知恵を絞ったのが「ちゃんぽん」。

ちゃんぽんのルーツは福建料理の「湯肉絲麺(とんにいしいめん)」。湯肉絲麺は麺を主体として豚肉、椎茸、筍、ねぎなどを入れたあっさりしたスープ。これに四海樓の初代 陳平順(ちんへいじゅん)氏がボリュームをつけて濃い目のスープ、豊富な具、独自のコシのある麺を日本風にアレンジして考案したものが「ちゃんぽん」である。


四海楼(しかいろう) ちゃんぽん発祥のお店

四海楼(しかいろう) ちゃんぽん発祥のお店 


現在の四海樓は、創業100周年を機に平成12年に店舗を新築。
あまりのすごさに圧倒されます。

レストランは5階にあり、長崎港を一望できます。
お昼時はあっという間に満席になってしまうので、早めに行くことをおすすめします。

皿うどんは、細麺・太麺から選べます。
ちゃんぽんは、極太麺。これが好き嫌い分かれるところです。

長崎にはちゃんぽんのお店はたくさんあり、お店によって麺も太いところ、細いところなどあります。

ちゃんぽん、皿うどん自体はどこもそれほど高くない。1,000円前後といったところです。
四海樓も1,000円ほどなので、金銭的には安心して食べれます。

四海楼(しかいろう)(地図)
長崎県長崎市松が枝町4-5
TEL 095-822-1296
営業時間 11:30〜15:00 17:00〜21:00
定休日 不定休

アクセス
JR長崎駅から路面電車で約15分(築町電停で石橋行に乗り換え『大浦天主堂下』下車すぐ)

1階
【四海樓名店街】
専門店が集まった名店街は長崎らしい雰囲気と品揃えで皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
【四海樓商事(ちゃんぽん・皿うどん・めんたい・からすみ)】
営業時間/AM9:30〜PM6:30

2階
【ちゃんぽんミュージアム】
四海樓とちゃんぽん、皿うどんの歴史を物語る展示品があります。

3階
【多目的ホール】
約90名様収容の広いスペースで、レストランウェディングからイベントや会議まで様々な使い方ができます。

4階
【お座敷・大小宴会場】
約110名様収容の大広間から、約10〜20名様収容の各部屋がございます。

5階
【展望レストラン(約95名様収容)】
長崎港から稲佐山まで望める素敵なレストラン。










posted by 夢子 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大浦天主堂下にある「みらく苑」の名物「長崎セット」

大浦天主堂下にある「みらく苑」の名物「長崎セット」


華やかな店構え。
遠目から見ても、かなり目立ちます。

県外から長崎に遊びに行った私には、このハデさはちょっと引くところもありましたが、みらく苑の名物「長崎セット」を食べたくて。

イザ、店内に入るとごく普通のお店。ホッ!
小心者なので、普通なところが好き。。。(笑)

みらく苑は、地元のテレビにも何度も出ている長崎では有名なお店。
グラバー園、大浦天主堂に近く便利なところにある。




長崎セット 2人前
ちゃんぽん、皿うどん、エビチリソース、デザートのセット

長崎といえば、ちゃんぽんと皿うどん。
でも、実際に長崎に行くとあれも、これも食べたくなる。
私のようなものには、ぴったりなのが長崎セットだ。迷わなくてもいい!

ちゃんぽん、皿うどんは普通に一人前の量だ。
ちゃんぽんの上にのっている甘めの錦糸玉子が印象的だ。
ちゃんぽんはいろいろなお店で食べたけど、これほど錦糸玉子が前面に出ているははじめて。
見た感じこってりしたスープだが、野菜の旨味を生かした甘めのまろやかな味だ。

やっぱり、本場長崎のちゃんぽんは旨いぜ!


みらく苑(みらくえん)(地図)
長崎県長崎市大浦町3-30
TEL 095-822-5403
営業時間 11:30〜20:30
定休日 火曜日



posted by 夢子 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

ロワジールホテル長崎にあるいけす割烹 門喜和(いけすかっぽう ときわ)の鯨料理

ロワジールホテル長崎にあるいけす割烹 門喜和(いけすかっぽう ときわ)の鯨料理

ロワジールホテル長崎にあるいけす割烹 門喜和(いけすかっぽう ときわ)の鯨料理



ロワジールホテル長崎の1階にある「いけす割烹 門喜和(いけすかっぽう ときわ)
ホテルの中って聞くだけで、ちょっと身構えてしまうところがありますが、門喜和はロワジールホテルの裏手に位置するのでホテルの中を通らなくて直接お店に入ることができます。
立派な門構えなので、庶民の私はちょっとヒビリますが・・・(笑)

店内は広く、座敷でゆっくり食事ができるようになっています。
カウンター席は目の前が巨大生簀があり、これも見応えがあります。
長崎は海に囲まれていますが、近場の漁業から新鮮のいきのいい魚が入ってきます。




長崎といったら鯨。
近頃はなかなか鯨料理って食べれなくなりましたからね。長崎で美味しい鯨を堪能。

鯨のベーコン。この食感がなんてもいえず・・・
私はあまり好きじゃないけど、夫の大好物。
鯨のベーコンを食べながら、がんがんビールを飲んでいました。




鯨コロッケ

鯨カツは有名ですが、コロッケははじめて。
鯨の肉汁?、風味がいい。サクッと揚がっていて、これは美味しい。


今年は龍馬伝の影響?で、「龍馬会席」や「おりょうさんのため息」が登場。
どちらも人気だそうです。食べてみたいなぁ〜

いけす割烹 門喜和(いけすかっぽう ときわ)(地図)
長崎県長崎市大浦町2-33
TEL 095-824-2211   
営業時間 11:30〜14:00 (OS)、17:00〜21:30 (OS)
定休日 無休

posted by 夢子 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福山雅治さん御用達のお店! 長崎市思案橋にあるラーメン屋さん「思案橋ラーメン(しあんばしらーめん)」

福山雅治さん御用達のお店! 長崎市思案橋にあるラーメン屋さん「思案橋ラーメン(しあんばしらーめん)」

思案橋ラーメン(しあんばしらーめん) 長崎で一番有名なラーメン屋さん!?
お昼も夜も行列ができるお店なんですが、ここがあの福山雅治さん御用達のお店なのよねぇ〜

福山雅治ラブの私は長崎に行ったら、どんなに行列ができようが並びます♪
今でも、福山は長崎に帰ると思案橋ラーメン(しあんばしらーめん)に寄ります。
店内にはサインも飾ってあります。
福山のサインは額縁入り。やっぱり特別ですね。




爆弾ラーメン

思案橋ラーメンはラーメン屋さんですが、長崎といえば「ちゃんぽん」。爆弾ちゃんぽんも大人気です。
爆弾ラーメン、爆弾ちゃんぽんは、ラードといっしょに炊きこんだニンニクペーストがたっぷり。その量は半端ないです。
このニンニクを食べて、爆弾ちゃんぽんを食べて、今の福山があると思うと・・・ 食べるのがもったいないぐらい。

まずは、このニンニクペーストを溶かさず、ひと口ふた口と食べます。
そして、ニンニクペーストを溶かしながら食べていきます。パンチはあるけど、ニンニク特有のにおいはさほど気にならず・・・
一気に食べれます。旨いっ!

これでちょっとは福山に近づけたかなぁ黒ハート

思案橋ラーメン(しあんばしらーめん)(地図)
長崎県長崎市浜町6-17
営業時間 11:30〜翌4:00
定休日 不定休


posted by 夢子 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

【長崎市東山手町】長崎ランタンフェスティバルの後は、cafe taft(カフェタフト)でまったり

【長崎市東山手町】長崎ランタンフェスティバルの後は、cafe taft(カフェタフト)でまったり

湊公園から市営松が枝町の駐車場に戻る道にある「cafe taft(カフェタフト)」。

今回、長崎ランタンフェスティバルには阪急交通社のバスツアーで行きました。
雨が降っていたので、ちょっと早めに会場を引き上げ、偶然みつけたカフェ。


【長崎市東山手町】長崎ランタンフェスティバルの後は、cafe taft(カフェタフト)でまったり

お店は2階にあり、外を眺めながらまったりできます。
珈琲はかなりこだわっているようです。
ビールよりもキリマンジェロやブルーマウンテンは高いですからね。
カレー、パスタもあります。


【長崎市東山手町】長崎ランタンフェスティバルの後は、cafe taft(カフェタフト)でまったり

寒かったので、温かいドリンクにするつもりが・・・
ビールを飲んでしまった(笑)
歩きっぱなしだったので、ホッとひといきできました。


cafe taft(カフェタフト)
長崎市東山手町1-9
095-821-5020



阪急交通社のバスツアー 2010 長崎ランタンフェスティバル

2010年2月14日、阪急交通社のバスツアー 「今年は「龍馬伝館」に行きます!長崎ランタンフェスティバル 日帰り」に参加しました。




応募期間 2010年2月1日〜2010年3月31日
阪急交通社メールマガジン新規登録で豪華宿泊が当たります♪
posted by 夢子 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎新地中華街にある中国料理専門店「桃華園(とうかえん)」

長崎新地中華街 中国料理専門店 桃華園(とうかえん) ちゃんぽん 皿うどん

長崎新地中華街 中国料理専門店 桃華園(とうかえん) ちゃんぽん 皿うどん


長崎新地中華街にある「桃華園(とうかえん)

桃華園(とうかえん)の前には、別館もあり・・・
私は本店?のほうに入りましたが、どちらも混んでいました。

店内は中国風の内装です。ちょっと古いのでおしゃれ感はないです。


福岡在住友人の記事
長崎新地中華街 桃華園と蘇州林
お互いにあちこちと行っているので記事がよーくかぶります(笑)
友人のほうが写真がきれいなのでご覧ください〜


長崎新地中華街 中国料理専門店 桃華園(とうかえん) ちゃんぽん 皿うどん

餃子 525円
野菜がたっぷり入ったヘルシーな餃子です。美味しかったぁ〜


長崎新地中華街 中国料理専門店 桃華園(とうかえん) ちゃんぽん 皿うどん

長崎新地中華街 中国料理専門店 桃華園(とうかえん) ちゃんぽん 皿うどん


ちゃんぽん 840円
長崎といえばチャンポン。これは食べなくちゃね。
あっさり、さっぱりスープ。こってりしたスープを想像していたけど、全然違いました。
野菜、肉、魚介がたっぷり入っているので、それぞれの旨味がたっぷりと効いたスープは美味しい。
具がいっぱいで、太い唐灰汁麺(とうあくめん)も食べ応えがあり、おなかいっぱいに。


ちゃんぽんは、四海楼の初代、陳平順(ちんへいじゅん)氏が長崎に暮らす同胞や留学生の貧しい食生活を見かねて考案したのがはじまり。中国風の料理とはいえ、長崎で生まれた郷土の味。皿うどんともに、長崎の県民食として親しまれている。
桃華園は、並と特製チャンポンがありますが、お店によっては「そぼろ」もあり。
「並⇒そぼろ⇒特上」こんな感じでランクがついています。具がランクが上がるにつれて豪華になります。
麺は独特の風味をもつ「唐灰汁麺(とうあくめん)」。天然の防腐剤でいる唐灰汁を使った麺は黄みがかった色で、独特の風味、歯応えがあります。
具は野菜、肉、魚介がたっぷり入っており、旬の野菜や魚を使うので美味しさが増します。

時間的に余裕があれば、一軒だけじゃなく、数軒回って、それぞれの味を楽しんで。


長崎新地中華街 中国料理専門店 桃華園(とうかえん) ちゃんぽん 皿うどん

長崎新地中華街 中国料理専門店 桃華園(とうかえん) ちゃんぽん 皿うどん


麻婆豆腐 1,575円

酢豚が1,365円で、麻婆豆腐のほうが高いので、出てくる前は???だった。
なんで、麻婆豆腐がこんなに高いんだろうと思ったが、これすごい!
肉がたっぷり入っている。豆腐も当然入っているけど、豆腐と変わらないぐらい豚肉が入っており、ちょっとびっくり。
しいたけや玉ねぎもはいつており・・・ 具だけでも驚かせられました。

味も独特。こんなのはじめてです。
最初、口に入れると甘みがあります。麻婆豆腐に甘みなんて考えられないんだけど・・・
それが後から辛さがどんどん増して。しっかり汗をかきながら食べました。
他でもちょっと食べられない麻婆豆腐です。

桃華園(とうかえん)(地図)
長崎県長崎市新地町9-9
TEL  095-824-2531
営業時間 11:00〜21:00
定休日 不定休


長崎新地中華街(ながさきしんちちゅうかがい)
横浜、神戸と並ぶ中華街・新地は、江戸時代中期に中国からの貿易品の倉庫を建てるために、海を埋め立ててできた街。
東西、南北あわせて約250mの十字路は、長崎市の姉妹都市である福建省の協力でできた石畳。現在、中華料理店や中国菓子、中国雑貨など約40店舗が軒を並べています。


阪急交通社のバスツアー 2010 長崎ランタンフェスティバル

2010年2月14日、阪急交通社のバスツアー 「今年は「龍馬伝館」に行きます!長崎ランタンフェスティバル 日帰り」に参加しました。




応募期間 2010年2月1日〜2010年3月31日
阪急交通社メールマガジン新規登録で豪華宿泊が当たります♪
posted by 夢子 at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

茶房&ギャラリー速魚川でお食事♪

20081013_114222.jpg

20081013_114343.jpg

島原素麺は豊富な湧水を使用し、伝統技法の「手述べ」によって腰のある美味しい素麺です。
その島原素麺を注文。冷やしソーメン(600円)にゅうめん(600円)にしました。

まず驚いたのが、薬味に柚子胡椒がついていたことです。ねぎ、生姜、柚子胡椒が出てきました。まとめて全部入れましたが柚子胡椒がピリッときいておいしかったです。
つゆも汁もさっぱりした味ですが、だしがきいていておいしいです。

島原素麺で家で食べることもありますが、茶房 速魚川で中庭を眺めながら食べる素麺は格別ですね。
家で食べるよりも何倍も美味しいです。



20081013_114904.jpg 20081013_114917.jpg

美味しい、美味しい湧水仕立て珈琲(500円)です。
コーヒーが出来上がって、テーブルに運ばれてくると香ばしいいい香りが漂います。ふわぁ〜んといい香りがします。

珈琲の苦みはちゃんとあるんだけど、まろやかでなめらかなコーヒーです。
美味しい湧水を使っているから、この旨みが出てくるんだと思う。
久し振りにおいしいコーヒーに大満足♪


しまばら水屋敷の水屋敷珈琲も美味しかったなぁ〜
やはり島原の湧水は最高です。コーヒー好きの私には島原のコーヒーは毎日飲みたいです。



20081013_114651.jpg

島原麺加利(しまばらめんカレー)が食べたかった。
茶房&ギャラリー速魚川で島原素麺を食べる。こればかり頭にあり、メニューを見て冷やしソーメンとにゅうめんを頼みました。
そのあとメニューを見ると、島原麺加利を発見。
素麺にカレー??? なんかピーンこないけど食べたかった。
もっと、よくメニューを見ればよかったぁ。


茶房&ギャラリー速魚川(地図)
長崎県島原市上の町912
TEL 0957-62-3117
営業時間 11:00〜18:00頃
定休日 水曜日






サービス・料金等は、2008年10月12〜13日のものです。
現在と異なる場合がありますので、現地でご確認くださいませ。

posted by 夢子 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人避暑地が育てた味「温泉(うんぜん)レモネード」

20081012_160709.jpg

20081012_160652.jpg

温泉レモネードと書いて「うんぜんレモネード」を読みます


ラムネ(レモネード)は、日本の古きよき味だと思っていましたが、そのルーツは海外にありました。これは意外でした。
イギリスで生まれたレモネードは西洋諸国では船員のビタミンや糖分の不足などを補うための健康維持保存食品として用いられ、最初に日本に持ち込んだのは、幕末「黒船」に乗って開国を求め浦賀へきたアメリカ東インド艦隊司令長官ペリーであったとも言われています。

雲仙では、外国人観光客が自国から「レモネード」を持ち込んだり、地元の人が炭酸泉から汲み上げた炭酸水に砂糖を入れて飲んでいたりしてました。
また、大正時代には雲仙の豊富な湧き水を使ってレモネードを作る工場も存在していた記録が残っています。

現在でも「温泉タマゴにはラムネ」という習慣が残っているほどのラムネ好きな土地です。
地元のホテルや旅館の組合が協力して出来上がったのがこのレトロチックな温泉(うんぜん)レモネードです。
豊富に湧き出る雲仙・島原の天然水と爽やかな酸味のレモン果汁、糖には上質糖のみを使うという製法により、さっぱりとした甘さの明治・大正時代に飲まれていた昔風味のレモネードが完成しました。


昔なつかしいラムネといっしょに売っているところがなんかほのぼのとしていいですね。
両方飲んで飲み比べるも良し、温泉たまごと合うか試すのもいいと思います。
私はアイスせんぺいを食べたので、ここでは飲まず翌日飲みました。



20081013_104251.jpg

翌日、雲仙ロープウェイを降り温泉レモネードを飲みました。
天然水を使っているので、ラムネよりも炭酸がまろやかです。
ラムネを飲んだ時の炭酸の痛さはないです。
やさしいラムネで飲みやすいです。

温泉レモネードはおみやげ屋さんに売っています。
その場で飲んでもいいし、お土産に買ってもいいです。
お土産だとちょっと重いけどね。


【会計】
※レモネード 200円



posted by 夢子 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーギー名物・アイスせんぺい

20081012_160228.jpg

20081012_160122.jpg

百年ダイニングの平成新山アイスが食べれずショックを受けながら、宿へ戻ろうと・・・

富貴屋の横にあるおみやげ屋さんが賑わっていたのでちょっと立ち寄りました。
そこでみつけたのが、このプーギー名物・アイスせんぺい
頭の中がアイス一色だったので飛びつきました(笑)



20081012_160310.jpg

20081012_160338.jpg 20081012_160349.jpg

イタリアンジェラートを湯せんぺいではさんだアイスクリームです。
アイスなので煎餅がサクサクというよりもしっとりしています。
まずまずのお味です。


しかし残念なことをした!
このアイスせんぺいは満足なんですが、このおみやげ屋さんの隣の甘味処(茶房)にじゃがいもアイスがあった。
じゃがいもアイスも有名なんですよ。
なんでも長崎は北海道に次いで日本で二番目のじゃがいもの産地らしいんですが・・・
長崎とじゃがいもってピーンときませんが。じゃがいもアイスは食べたかったなぁ〜


【会計】
※アイスせんぺい 210円×2個=420円







サービス・料金等は、2008年10月12〜13日のものです。
現在と異なる場合がありますので、現地でご確認くださいませ。
posted by 夢子 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠江屋本舗の雲仙湯せんぺい

20081012_160840.jpg 20081012_160920.jpg

雲仙銘菓の湯せんぺい遠江屋本舗です。

小麦粉と卵に砂糖、それに冷ました温泉水を加えて練った生地を薄く焼く、雲仙名物の「湯せんぺい」です。
お店に近づくと甘い香りがします。店頭にて実演しており純一枚手焼きでしか付かないモチモチのみみがおいしいんです。


春、秋は湯せんぺい手焼き体験もできます。
私が遠江屋に行った時も観光客の人が職人さんに手ほどきを受け湯せんぺいを焼いていました。
一丁 3kgもある金型に生地を流し込み、一枚一枚丁寧に焼き上げる昔ながらの純一枚手焼きです。


【雲仙湯せんぺい手焼き体験】
原料の説明から焼き方の手ほどき、湯せんぺいの歴史など15分〜20分の体験。
焼き上げた煎餅はお持ち帰りできます。

体験料:ひとり1,000円 (小学校高学年以上より)
3・4・5月 9・10・11月のみ。  
事前に予約が必要です。
長崎県雲仙市小浜町雲仙317番地
TEL: 0957-73-2155



20081012_195527.jpg

雲仙のあちこちで雲仙湯せんぺいをみかけます。
ハデな箱なのでよく目立ちます。



20081012_195539.jpg

20081013_154017.jpg

私が購入したのが、この袋入りの雲仙湯せんぺいです。
この袋入りは店頭で一枚、一枚焼かれたものです。

上の箱入りは工場でまとめて焼かれたもので、固さが違うそうです。
手焼きのほうが柔らかいです。
固さはともかく、せっかく遠江屋で買うんだから純一枚手焼きのほうがいいですからね。

ほんのりと甘さがありサクサクで軽いせんべいです。
美味しいです。口当たりがまろやかなのは温泉水を使っているからかなぁ。


遠江屋本舗
長崎県雲仙市小浜町雲仙317番地
TEL: 0957-73-2155
営業時間: AM8:30〜PM10:00 
定休日: 不定休
posted by 夢子 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉川鮮魚店のイギリス

20081012_132928.jpg

アーケード街にある吉川鮮魚店です。
この日は雲仙に泊りなので、食事のことなんて考えなくていいので本来ならスルーするんですが見たことないものがあり惹かれるようにお店に。
近頃、こういう魚屋さんも少なくなり、なんかゆったりした雰囲気がいいなぁ。



20081012_132938.jpg

この貝はじめてみます。
かなり大きいし、どんな風に食べるんだろう?

写真には写っていませんが右側には「がんば」が・・・
がんば? どう見てもフグなんですが。
島原ではブクのことを「がんば」というそうです。
なんでも江戸時代、フグが猛毒をもつため、藩主がフグ食の禁令を出していましたが、それでも危険をかえりみずおいしいフグを食べる人が後を絶たなかった多かったようで。
そうしたことから、棺(ガン)ば(を)そばに用意してでも食べたいという意味で「がんば」と呼ぶようになったと・・・
今でこそ、フグも安心して食べれるようになったけど江戸時代なら納得できます。「がんば」ってうまくつけたなぁ〜



20081012_132959.jpg

多比良ガネ。有明海で獲れるワタリガニをことを島原では多比良ガネもしくは有明ガネと言います。
国見町といえば今やサッカーの町として有名ですが、「カニ」の産地としても有名です。多比良港に水揚げされるカニが味も肉質もよく、多比良港周辺では多比良ガネの直売所もたくさんあります。



20081012_133027.jpg

はじめて聞く言葉です。イギリスは知っていますが魚屋さんのイギリスは・・・

長崎県内では島原南部だけに作られる料理で、島原の乱(1637)で領民を失い、瀬戸内から移住が行われた歴史を感じさせる食べ物です。紅藻類のイギリスの利用は瀬戸内海地域に多く、作り方も米ぬかの浸出液を用いるなど共通点が多い。ハレの膳に出される一品で、祝い膳では甘辛く煮た具を加え、仏事では具は無く、残ると味噌漬けに利用します。(長崎県栄養士会より引用)



20081012_133022.jpg

吉川鮮魚店の手作りイギリスです。
どんな味がするのかひとくち食べたかった。


アーケード商店街を歩いたおかげではじめての出会いがあった。
こういう発見って旅ならではで楽しいです。


吉川鮮魚店
長崎県島原市中堀町156
TEL: 0957-64-5161







サービス・料金等は、2008年10月12〜13日のものです。
現在と異なる場合がありますので、現地でご確認くださいませ。
posted by 夢子 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

しまばら水屋敷 寒ざらし&水屋敷珈琲

20081012_130752.jpg

しまばら水屋敷の門をくぐると窓口があり、そこで注文します。

島原名物「かんざらし」、水屋敷珈琲、島原牛乳、そうめん、心太(ところてん)などメニューが豊富です。



20081012_131403.jpg

20081012_131418.jpg

20081012_131428.jpg

冷かんざらしセットです。
寒ざらしと抹茶のセットです。まっ茶は温かいのも冷たいのがあります。

寒ざらし美味しいです。甘さ控えてで食べやすいです。
以前、島原に遊びに行った時に違うお店で寒ざらしを食べましたが、すごく甘くて白玉の美味しさよりも甘さだけが口に残ったので、今回も甘すぎたらどうしよう?なんて思っていましたが、しまばら水屋敷の寒ざらし甘さ控えめで美味しいです。

抹茶と寒ざらしの組み合わせもとてもいいです。
抹茶の苦みと寒ざらしの甘さが口の中でうまくマッチして旨みが増します。


【寒ざらし】
白玉粉で作った小さな団子を「島原の湧水」で冷やし、蜂蜜、砂糖等で作った特製の蜜をかけたもので、口の中でとろけそうな上品な甘さと喉越しのよさが人気の島原の郷土の味です。



20081012_131355.jpg

水屋敷珈琲です。
このコーヒーは「水だし方式(Water Drip)」という水を一滴ずつ落としながら10時間以上かけてゆっくりと抽出しています。

水屋敷珈琲が出てきた時の香りのいいこと。
ふぁ〜んとコーヒーのいい香りが漂ってきます。
注文したときに、ちょっとクセがあります。と言われましたが私は大好きです。
ブラックで飲みましたが、コクがあって味に深みがありおいしかったです。


湧き水の池の眺めながら、かんざらしを食べ、水屋敷珈琲を飲み至極の時を過ごしました。


【しまばら水屋敷・会計】
※冷かんざらしセット 682円
※水屋敷珈琲 472円
合計 1154円


しまばら水屋敷地図
長崎県島原市万町513-1 万町商店街アーケード
TEL:0957-62-8555
営業:11時頃〜17時頃(7名以上の団体は不可) 
休業:不定

posted by 夢子 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万町商店街アーケードにある「しまばら水屋敷」

20081012_130721.jpg

万町商店街アーケードにあるしまばら水屋敷です。
この看板を目印にアーケードを歩いてください。



20081012_130730.jpg

趣のある門構えです。



20081012_132415.jpg

20081012_130930.jpg

明治時代に建てられた和洋折衷の木造建築の古屋敷です。


【水屋敷の歴史】
明治 5年(1872) 島原の豪商「中山家」の自宅として建築される。
昭和 7年(1932) 「松尾家」(升金商事)の所有となる。
昭和55年(1980) 「石川家」(とみや呉服店)の所有となる。
平成 3年(1991) 島原普賢岳災害、台風により、空き家状態で荒れる。
平成 7年(1995) 石川俊男「しまばら水屋敷」として修復・維持を始める。

水屋敷は島原の豪商「中山一族」が住まいとして建てた商人屋敷ですが、中山家の事業の失敗で、その後何度も所有者が変わりましたが、現在はしまばら水屋敷として茶房として営業中。



20081012_131120.jpg

20081012_131134.jpg

湧き水の池(約4m×12m)です。
一日に約4,000トン(50リットル/秒)の清らかな水が湧いています。
この水は万町内の各家へ水路で流れ、生活用水として利用されています。
水温は、一年を通して15度程で、「夏の酷暑の日」「冬の極寒の日」に、水面に「もや」がかかります。

鯉が数匹いますが、川魚のハヤも自生しています。保護色で目立たなく肉眼でもわかりませんでした。
水草の間に、1〜2cmのエビや、カニなど、いろんな生き物が生息しています。



自分の家の庭に湧き水の池があったらすごいだろうなぁ〜
きれいな透きとおった池を見ていると癒されます。
ゆっくりと時間が流れるって感じでいいですよ。
店内にはたくさんの招き猫もいっぱいありました。
かわいい招き猫や小さい招き猫もあり、招き猫を見ているのも楽しいです。


しまばら水屋敷地図
長崎県島原市万町513-1 万町商店街アーケード
TEL:0957-62-8555
営業:11時頃〜17時頃(7名以上の団体は不可) 
休業:不定
posted by 夢子 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雲仙特選じげ納豆or雲仙ゆけむり納豆

20081012_104638.jpg

前ページのつづき

姫松屋のテーブルには雲仙特選じげ納豆の試食が置いてあります。


じげ納豆?


じげ? 納豆? いったいどんな納豆が興味があり手に取ると・・・



20081014_204744.jpg

20081012_104706.jpg

もろみ味噌(金山寺味噌)です。
夫は静岡、私は名古屋出身で「金山寺味噌」と呼んでいましたが、島原ではじげ納豆というみたいです。
じげとは地元という意味で、地元の納豆ってことですね。
醤油、味噌の醸造所で造られている島原の納豆で、普通の納豆みたいにネバネバしないので納豆が苦手という人でも食べれると思います。

じげ納豆はあつあつのご飯に乗せても、きゅうりに乗せておまみにもなるのでお土産で買いました。
姫松屋でじげ納豆を530円で買ったんですが・・・



20081012_195416.jpg

宿泊した雲仙いわき旅館では、雲仙ゆけむり納豆というネーミングで570円で売っていました。
観光地っておもしろいですよね〜
同じものでも値段が違うから・・・(笑)


姫松屋で買ったので、40円お得な買い物ができました♪

【姫松屋本店・会計】
※具雑煮 980円
※天そば定食 950円
※生ビール 550円
※じげ納豆(お土産) 530円
合計 3,010円



姫松屋(ひめまつや)地図

姫松屋本店
長崎県島原市城内一丁目1208(島原城正面)
TEL:0957-63-7272

姫松屋新町店
長崎県島原市上新町220
TEL:0957-62-3775







サービス・料金等は、2008年10月12〜13日のものです。
現在と異なる場合がありますので、現地でご確認くださいませ。
posted by 夢子 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姫松屋本店の島原名物 元祖 具雑煮

多比良港に着き、私たちが向かったのは島原の郷土料理「具雑煮」で有名な姫松屋本店へ。
姫松屋本店は、島原城正面にありすぐにわかります。


20081012_104112.jpg

思っていたよりも姫松屋本店はでかい!
島原で有名なお店で、お店の裏にはでっかい駐車場もあります。

私たちが姫松屋本店に着いたのは10時40分。お昼にはちょっと早いけどお昼時は混んでいると聞き早めに行きました。
店内に入るとすでに数組のお客さんが具ぞう煮を食べていました。
やっぱり人気店なんですね〜 朝から具雑煮ですよ!

11時なると続々とお客さんが入ってきます。
さすが人気店、有名店です。
お昼ちょうどに行くと混雑していると思うので、少し時間をずらしたほうがいいですよ。



20081012_104324.jpg

店内の和風の作りになっており、テーブル席、座敷があります。



20081012_104552.jpg

まずはビール!
夫はドライバーなので飲めないので、私ひとりで飲みましたぁ〜



20081012_105333.jpg

島原名物 具雑煮(ぐぞうに)です。
具雑煮は島原半島地域で正月などに食べる郷土料理です。

【具雑煮の由来】
今からおよそ350年前(1637年)の島原の乱のとき、一揆軍の総大将であった天草四郎が3万7千の信徒達と共に原城に籠城した際、農民達にもちを兵糧として貯えさせ山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き栄養をとりながら約3ヶ月も戦ったと言われています。
これをもとに文化10年(1813年)、初代糀屋(こうじや)喜衛ェ門が味付に趣向をこらして生み出したのが「具雑煮」のはじまりと伝えられています。2代目姫松屋嘉久平により屋号を姫松屋として現在に至っています。「具雑煮」の温和な味は島原の郷土料理として有名です。


具雑煮が島原の郷土料理ということは知っていましたが、島原の乱のときに作られたものは知らず・・・
箸袋の裏に由来が書いてありましたが、ひとつ勉強になりました。

具雑煮で有名な姫松屋です。土鍋、れんげに名前が入っています。



20081012_105353.jpg

あつあつの具雑煮です。
シロナ(白菜のこと。島原ではシロナといいます。)、かまぼこ2種類、ちくわ、アナゴ、ごぼう、卵焼き、シイタケ、凍豆腐(高野豆腐)、れんこん、鶏肉、餅、みつ葉の計13種類の具が入っています。
お餅の下にたっぷりの具が入っており、薄味ですがだしがきいておいしいです。
お餅は毎朝つきたてのものを使っています。

想像以上のおいしさでした。
観光地にあるお店だから、有名店でももしかしたらイマイチかも・・・なんて心の片隅で思っていました(姫松屋さん、すまみせん)が旨い! 美味しいです!

島原に行ったら、是非姫松屋の具雑煮を食べてほしいです。
お客さんのほとんどが具雑煮を注文していましたが、納得できます。

具雑煮
並 980円、大 1,180円
私は並を頼みましたが、具がたっぷり入っているので女性の方は並で十分だと思います。



20081012_105138.jpg

具雑煮を二人分注文しようかなぁ?なんて迷ったけど、ふたりで違うものを食べたくて天そば定食を。
天そば定食 950円。ざるそば、天ぷら、いなり寿司、フルーツと盛だくさんです。
天ぷらは大きなエビが二本も入っています。揚げたてでプリプリでおいしいかった。
ざるそばは普通です。まぁ、姫松屋はそば屋さんじゃないので・・・


姫松屋(ひめまつや)地図

姫松屋本店
長崎県島原市城内一丁目1208(島原城正面)
TEL:0957-63-7272

姫松屋新町店
長崎県島原市上新町220
TEL:0957-62-3775







サービス・料金等は、2008年10月12〜13日のものです。
現在と異なる場合がありますので、現地でご確認くださいませ。
posted by 夢子 at 10:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 【長崎】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする