2014年12月02日

【中津】若竹屋・竹扇でハモ会席を堪能

DSC_3128~2.jpg


結婚29年。我ながらよくもったと思う。これも夫の忍耐だね。

結婚記念日のお祝いは毎年お気に入りのお店でディナーを楽しんでいたんだけど、今年はちょっと足を伸ばして大分県中津まで行ってきました。

中津城に行きたかったことのもあるんだけど、中津の秋鱧が美味しいと知り、生まれてはじめての鱧フルコース。いままで湯引きしか食べたことがなかったのでどんな料理がでてくるのかわくわくo(^o^)o


DSC_3133~3.jpg

最初に出てきたのがお刺身の盛り合わせ。鱧の刺身もあります。これ、もっちりしている。鱧は小骨があるから細かく包丁を入れるとこんなにもっちりするんですね。この食感、ほかの刺身にはないのでこれは嬉しかった。


DSC_3132~3.jpg

湯引き。これは食べたことがあるけど、ここはタレが3種類。酢味噌と梅肉もあります。こんな機会なかなかないのですべて味わいましたが、私は酢味噌派ですね。これも美味しい(^o^)



DSC_3136~2.jpg

茶碗蒸し。これはパッ見て普通ですが、ここにも鱧が入っています。

こんなにも鱧食べれるなんて幸せー



DSC_3141~2.jpg

DSC_3147~2.jpg

これは鱧を巻いてあります。めちゃたっぷり鱧が使ってあります。鱧って淡白だからどんな料理にもあいますねー

個人的には生麩が好きなので、これは鱧よりも生麩が印象的でしたね。もちもちで美味しかった(^○^)



DSC_3143~3.jpg

鱧の蒲焼き。 なんでもありです!

うなぎとはひと味違い、これはこれでいいですねー


DSC_3145~3.jpg

鱧の焼売。見た目はふぐシュウマイやイカシュウマイみたい。

美味しいけど、鱧の味はよくわからず。これ、鱧と言われなかったらわからない。



DSC_3152~4.jpg

鱧の天ぷら美味しい。ほかの天ぷらは要らないから鱧をもっと食べたかったなー



DSC_3150~2.jpg

鱧しゃぶ。これは好みでレアでもミディアムでもOK。

さっとだしにくぐらせるだけなので湯引きとはちゃっと違い、生に近い食感がいいですねー



DSC_3157~3.jpg

DSC_3154~4.jpg

〆は鱧寿司とお吸い物。

最初から最後まですべて鱧です。鱧好きにはたまらないコースです。

中津まで足を伸ばしてよかったあー 幸せ黒ハート




関連ランキング:割烹・小料理 | 中津駅


posted by 夢子 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 【大分】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

マグロ尽くし! 保戸島の生まぐろ&ひゅうが丼

前ページのつづき
前ページでは保戸島の街並みを紹介しましたがここからはマグロです。美味しかったですよ〜 しっかり堪能してきました。


ujh120609498.jpg

津久見港から船で保戸島に到着すると船着き場には大川の若女将がお出迎え。若女将の案内にとことこと着いていく。小さなな島だからどこでも行けるだけど、何しろ道が細く公道か私道まったくわからないので後ろから着いていくしかない(笑)

公道の横はすぐに玄関。庭という庭は平地が少ないのでない。これは一般家庭であろうがお店屋であろうが一緒。大川さんも階段を上って行くとその横に玄関扉が。


ujh120609501.jpg

部屋にはすでにお料理の一部が用意されていた。

保戸島はマグロです。
栄えた時は漁船が167隻あり、まぐろ漁従事者も1,000人いたそうですが、現在は25隻とまぐろ漁を取り巻く環境も厳しくなっているそうです。


ujh120609502.jpg

生マグロ
このまぐろは一度も冷凍したことがない正真正銘の生まぐろです。
まぐろは普通冷凍保存され、私たちが普段食べているのは解凍されたまぐろですが、ここ保戸島で出されるまぐろは一度も冷凍されたことがなく、生マグロははじめてexclamation×2

みずみずしくて美味しかった。正直なところもっと食べたかった。真昼間ですがビールがすすむ、すすむw


ujh120609505.jpg

見た目いまいちですが、これマグロの心臓、血合いです。これは鉄板で焼いてからいただきます。

心臓はもちっもちっ。さっとあぶって食べるんですが思ったよりクセもなく食べやすい。
血合いは全然生臭くない。これ最初に血合いって教えてもらったので食べる時に一瞬躊躇したけど美味しかったぁ〜


ujh120609509.jpg

かぶと
これは20名以上で食べることができます。


ujh120609517.jpg   ujh120609519.jpg

大根おろしとトマトとバジルのソースでいただきます。

大根おろしはさっぱりしてまずまずですが、個人的にはトマトとバシルのソースのほうが好き。これワインと一緒に食べたかったな〜


ujh120609523.jpg

きれいに完食♪
写真的にはけっしてきれいではありませんが、こんな経験なかなかできないので記念に残しておきます。

かぶとはコラーゲンたっぷり。効果はどうかな?(笑)


ひゅうが丼

ひゅうが丼
保戸島の漁師が船の上で簡単に作れ、栄養が取れるようにと作られた漁師料理。
強い風が吹く船上でも火を通さずに食べられる料理で、風の音が『ひゅ〜ひゅ〜』と聞こえることからひゅうが丼という名前がついたそうです。

まぐろの赤身に甘めのごまだれをからませ、ネギ、生姜など薬味をトッピング。

あつあつのご飯によーく合い、ごまだれは甘めだけどそれがマグロとよくマッチして美味しかった。ごまだれの甘みに生姜がアクセントになりばっちり。


ひゅうが丼

ひゅうが丼のお茶漬け
丼のまま食べてもOKですが、お茶をかけても美味しいですよ〜と教えてもらい残り半分はお茶漬けに。

わさびを入れてお茶漬けにするので丼とは一味違い、これも美味しい。夫はお茶漬けよりも丼がいいって言っていましたが、私はどっちも好きだなぁ〜


ujh120609536.jpg

マグロのあごの唐揚げ
歯ごたえがめちゃある〜 噛めば噛むほどいい味が出て、これつまみにぴったり。


ujh120609534.jpg

くろめの味噌汁
とろとろです。味自体はとくにないけど、このとろとろが妙に口となじみ初めての出会いなのでなぜか懐かしく感じた。


小料理 大川
大分県津久島市保戸島1120
TEL 0972-87-2024
※まぐろ御膳コース 2,500円 要予約

津久見市観光協会
保戸島



posted by 夢子 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 【大分】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

日田森のビール園

日田森のビール園

日田森のビール園

日田森のビール園

サッポロビール新九州工場内にある「日田森のビール園」です。

すごく大きなレストランで、バーベキューフロアー、レストランフロアー、サンテラスフロアーから成り立っています。
私たちは、バーベキューフロアーの窓際に座ったので見晴らしがとても良く、日田市街と真っ青な空をバックにビールの写真を撮ったりしました(^O^)


エーデルビルス(写真のビール)はまろやかでとても飲みやすく、おかわりしました♪
バーベキューフロアーでもバーベキューではなく定食や単品も注文できます。
おつまみ系の料理も充実しているので好きなものを注文しました。

サッポロビールといえば、やはり札幌ですよね。
だから、北海道産のものも多く、日田にいながら北海道も満喫できました。

水郷日田の名物豆腐は、水のおいしい日田だからこそできる豆腐ですね。
まろやかでとてもおいしかったです。


日田森のビール園は、従業員もきちんとしていて対応が早いです。
食事中にビールがこぼれてしまったんですが、さっと従業員の人がおしぼりをもってきてくれたり、こぼしたビールを新しいビールと交換してくれました。
おしぼりだけなら、どこでもあることだと思いますが、ビールをこぼしたのは私たちの不注意なのに、わざわざビールまで持ってきてくださり、本当にうれしかったですね。


日田森のビール園(公式サイト)
大分県日田市大字高瀬6979 サッポロビ−ル新九州工場内
TEL 0973-25-1234
定休日 無休
営業時間 10:00〜22:00(L.O.21:00)
予算 [夜] \3,000 〜¥3,999 |[昼] \2,000 〜¥2,999

【おしぼり】でます。




posted by 夢子 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 【大分】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

B-speak (山荘 無量塔)

B-speak(ビー・スピーク) (山荘 無量塔)

山荘 無量塔が経営している「B-speak(ビー・スピーク) 」です。
素材の味を活かした、ふわっとやわらかなロールケーキの専門店です。
いつも行列ができ、週末などは売れ切れ続出のお店です。

朝一で早く並ぶか、事前に予約したほうが確実に購入できると思います。


B-speak (山荘 無量塔)
大分・由布院温泉川上3040-2
TEL 0977(28)2166
予約 0977(28)2066(予約専用15時〜17時/5日前より受付)
定休日 不定休(年2回)
営業時間 10:00〜17:00
posted by 夢子 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 【大分】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レストラン&バー「ラルコル」

レストラン&バー「ラルコル」

時間お世話になった町歩きガイドさんに別れを告げ、
湯の坪街道をぶらぶら。
お昼に入りたかった「コスモス」は予約が入り、
予約をしていない私たちは入ることができず、
どこにしよう〜と歩いているとおしゃれなお店が・・・

レストラン&バー「ラルコル」です。
ちょうどお昼時でラルコルはいっぱいだったんですが、
「和処 省雲軒(しょううんけん)」に案内してくれました。

レストラン&バー「ラルコル」
大分県由布市湯布院町川上1536-1
TEL 0977-84-5880


レストラン&バー「ラルコル」

由布院の地ビールです。
さっぱりした味で飲みやすい。
これなら何杯でもいけそうです(笑)


レストラン&バー「ラルコル」

豊後牛のステーキがついた豪華なオムライスです。
豊後牛はやわらかくておいしかったです。
しいたけの産地ですね。オムライスにはしいたけもたっぷり。
おいしかったですぅぅぅ。

和室でビールを飲み、おいしい食事をいただき
ホッとひといき。。。

月曜日ですが人は結構多くて
ランチは予約するか、早めにお店に入るのがいいかも。

吉祥開運亭・無尽蔵(きっしょうかいうんてい むじんぞう)
1日4組様限定のおもてなし。湯の坪街道沿いに佇む宿です。
吉祥開運亭・無尽蔵の中にレストラン&バー「ラルコル」と和処 「省雲軒(しょううんけん)」があります。
宿泊者の方が食事するところなんですが、ランチ、ディナーは一般客もできるようになっています。

大分県由布市湯布院町川上1536番地1
TEL 0977-84-2236 



由布院のお土産さんは外資ばかりなんですね。
地元の人がやっているショップは一軒しかないそうで、そこはコーヒーも一杯250円とほかに比べて安いです。
由布院=観光地なんですが、お土産も大分産とはまったく関係ないものも多くて、ここらへんで情緒を楽しむのはちょっと無理ですね。
これだけお土産屋が並んいるから女性に人気があるのもわかるよいな気がするが、温泉地って感じはないですね。



由布院温泉観光協会
由布院観光総合事務所
大分県由布市湯布院町川上2863番地
TEL 0977-85-4464
posted by 夢子 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 【大分】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珈琲HAMANO(ハマノ) 湯布院・鳥越

珈琲HAMANO(ハマノ)

「古式手打ちそば 泉本店」で食事をした後は鳥越地区を散策。
由布院の駅周辺と違い、ここ鳥越は本当に静かです。
観光客も日曜日だというのにそんなに多くなく、別荘地をきままにお散歩って感じです。

どこもとても雰囲気のよいお店で、気に入ったところを思いのまま楽しみました。
かわいい雑貨屋さんがあり、目を楽しませてくれます。

そして、あちこちに咲いている花に癒されました。
この花は名前を知らないけれど、なんか気に入った。
冬の花って感じで白がいいのよねぇ〜


珈琲HAMANO(ハマノ)

これもきれいでしょ。
こういうところを歩いていると
私も庭がほしいと思ってしまう。。。

日頃はマンションが便利でいいと思っているけれど、
昔、一戸建てに住んでいたときは庭の手入れをして、
一年中花が咲くようにいろいろと植えていたから、
花を見るとホッとするのよね。

のんびり歩きながら、お花を楽しむ旅も癒されます。


珈琲HAMANO(ハマノ)

由布院の我が家の別荘です(笑)
なんか、そんな風にお客様をおもてなししたくなるおうちです。

ここは、珈琲HAMANO(ハマノ)です。
オーナーの浜野さんが十数年前に別荘を買い取り、
喫茶店をオープンしました。
自宅の一部を解放して、営業をしているんですが、
玄関を入って、靴を脱いで部屋に入ります。
部屋の中がとてもすてきで四人でまったりしました。


珈琲HAMANO(ハマノ)

テーブルのお花もとてもきれいで、
ありとあらゆるところにおもてなしの心遣いがあり、
気持ちよくコーヒーをいただきました。

コーヒーの器もどれも凝っていてステキでした。
そして、わださんと私が注文したチーズケーキが最高でした。
丁度、熟成がいい具合で最高の状態で頂くことができたみたいで、おいしいチーズケーキに大満足♪


オーナーのはまのさんはすてきな女性です。
話しをしているとホッとするんです。

珈琲HAMANO(ハマノ)
大分県大分郡湯布院町川上鳥越
TEL 0977-85-4662
営業時間 10:30〜17:00(土・日曜、祝日は10:00〜)
定休日 火曜日(祝日の場合は前日もしくは翌日休。臨時休業あり)

由布院温泉観光協会
由布院観光総合事務所
大分県由布市湯布院町川上2863番地
TEL 0977-85-4464
posted by 夢子 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 【大分】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古式手打ちそば 泉本店(こしきてうちそば いずみほんてん)

古式手打ちそば 泉本店(こしきてうちそば いずみほんてん)

由布院の鳥越にある「古式手打ちそば 泉本店」です。
鳥越地区は由布院駅からちょっと離れているのでタクシーで行きました。

「ゆふいんの森」の中で、由布院についたらお昼にしようと決めていたので、
「古式手打ちそば 泉本店」の前までタクシーで行ったので迷うこともなかったです(笑)

タクシーを降りて感じたのは空気が違う。
由布院の駅についたときよりも、鳥越のほうが空気が冷たくおいしかった。


古式手打ちそば 泉本店(こしきてうちそば いずみほんてん)

「そばづくし」を注文しました。
もちろん、ビールつきです(笑)
まず最初に出てきたのが、せいろそばです。
これ、おいしい!
観光地って、高くてまずいってところが多いけれど、
このそばは腰もあり本当においしかったです。


古式手打ちそば 泉本店(こしきてうちそば いずみほんてん)

次はおろしそばです。
大根おろしがピリッとして味をしめます。
丁度いい感じの量でせいろとおろしそばが出てきて
大満足です。

最後はそばがきです。(写真なし)
これが弾力あり、なんかデザート?って感じで頂きました。


観光地の食事って高くておいしくないってところが多いですが、
「古式手打ちそば 泉本店」のそばはおいしいです。
わさびもちゃんと自分でおろすので、新鮮なわさびでそばをいただくことができます。


「古式手打ちそば 泉本店」は人気店です。
お昼時は多少待つこともあると思いますが、回転がいいので結構早く食事できます。
窓際の席がおすすめです。




大分県由布市湯布院町川上鳥越1269-36
TEL 0977-85-5262
休 無休

由布院温泉観光協会
由布院観光総合事務所
大分県由布市湯布院町川上2863番地
TEL 0977-85-4464

posted by 夢子 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 【大分】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

天ぷら「ふそう」 (小倉・魚町)

天ぷら「ふそう」 お昼定食 天ぷら8品

小倉の魚町銀天街近くの魚町にある"天ぷら「ふそう」"です。
はじめて入ったお店ですが、お昼時で混んでいました。
10名ほど待っていましたが、回転がいいか待ち時間はそれほどありませんでした。


天ぷら「ふそう」 お昼定食 天ぷら8品

お昼定食 850円です。
天ぷら8品、ご飯、お味噌汁、お漬物。
エビが二匹というところが魅力的ですねぇ〜


天ぷら「ふそう」 お昼定食 天ぷら8品

毎月お味噌汁が変わるみたいですね。
私が行った時は、大正5年創業の和田味噌醸造の麦味噌でした。


天ぷら「ふそう」 お昼定食 天ぷら8品

天ぷらは一度に8品でてきません。
最初に天ぷら4品とごはん、味噌汁、漬物が出てきます。

この方法気に入りました(^O^)
天ぷらって揚げたてが一番おいしいから、一度に出てくるよりも
揚げたてを4品ずつ出してくれるほうがいいですね。

油もよく、カラッと揚がっていました。


天ぷら「ふそう」 お昼定食 天ぷら8品

おいしかったぁ〜
エビもまずまずの大きさで満足です。

ご飯のお変わりができます。

天ぷら「ふそう」はチェーン店です。
チェーン店の天ぷらって、おいしくないってイメージがありましたが、
ふそうはおいしかったです。
平日のランチ時でも人が並ぶのがわかります。
この値段とこのおいしさなら並んで食べる価値ありますね。


天ぷら「ふそう」 
福岡県北九州市小倉北区魚町2丁目1-11
天ぷら「ふそう」の地図



posted by 夢子 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 【大分】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする