2018年11月30日

2018年11月26日、監物台櫓&イチョウ、石垣排水の穴、KKRホテルからの眺め《熊本城復旧状況》

2018年11月26日撮影
監物台櫓&イチョウ、石垣排水の穴、KKRホテルからの眺め



DSC_0032.JPG

いつも車で通りすぎる監物台櫓。

今日は珍しく、錦坂から上がり、監物台櫓へ。

もう櫓の解体は始まっている。

イチョウとのコラボは今年で見納め。

来年もイチョウはきれいに色づくと思うけど、

監物台櫓はない。来年は寂しいだろうなー




DSC_0033.JPG




DSC_0034.JPG

監物台櫓が解体されたら、違う光景になる。

きっと今まで櫓で見えなかったものが見えるようになる。

でも、私は他のものを見るよりも、監物台櫓を見ていたいな。

一日も早く戻ってきてほしい。待っているよ、監物台櫓さん。




DSC_0036.JPG




DSC_0037.JPG

すごいものを発見

この石垣は刑部邸の石垣。

博物館前のところの石垣なんだけど、

排水口のところは、ネットを被せず、丸く開けてある。

細かいところまで気を使って、ネットで覆ってある。

これが熊本城の工事に関わるってことなんだろうな。

すごいものを発見し、興奮がとまらない。



DSC_0051.JPG

KKRホテルのまつりさんでランチをしたので、

お庭から写真を撮らせてもらった。




DSC_0052.JPG

平櫓の下から構台が高くのびている。

どんな形で平櫓の解体をするのかわからないけど、

監物台櫓や西大手櫓門の足場と違い、ここは構台が作られている。

被害状況によって、ベストな方法を用いられるので、ここもしっかり見なくてはね。


posted by 夢子 at 10:43| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする