2018年09月28日

2018年9月27日、細川刑部邸の塀を解体撤去《熊本城復旧状況》

2018年9月27日撮影
細川刑部邸の塀を解体撤去



cIMG_0072.jpg



cIMG_0073.jpg


県指定重要文化財「旧細川刑部邸」も2016年4月の熊本大地震で大きな被害を受けました。

旧細川刑部邸の外周にある屋敷塀のほとんどが倒壊や傾斜しました。

今年2018年8月上旬から屋敷塀の解体をはじめ、9月中旬にほぼ屋敷塀の解体は完了しました。

台風24号が近づいているので、ここの塀が完全に解体撤去されてホッとしています。




cIMG_0074.jpg

塀はありません。

残っているのは土台の石垣のみ。

工事用の緑のプラスチックフェンスと細川刑部邸と合いませんが、規制線をしっかりやらないと勝手に入られてしまうので仕方ないですね。




cIMG_0078.jpg


残っているのは門です。




as2018.5.16.303.jpg

2018年5月16日撮影

地震で塀が倒れました。この状態でこの夏まできました。

地震から2年以上、本当に頑張りました。この状態でよく耐えたと思います。

しばらくゆっくり休んでくださいね。




cIMG_0067.jpg

刑部邸も地震で被害を受けたので、今も中に入ることはできません。

でも、手前のところからチラ見ができるので、内側の塀の様子も見てきました。




cIMG_0068.jpg




cIMG_0069.jpg

当然ですが、塀はありません。

陽があたり、プラスチックフェンスがキラキラしています。






にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村 
posted by 夢子 at 09:02| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする