2018年09月21日

2018年9月11日、県立美術館前からの大小天守《熊本城復旧状況》

2018年9月11日撮影
県立美術館前からの大小天守



DSC_0461.JPG


県立美術館の前から撮影。

天守とかなり離れるけど、ここからの見える天守も好きです。

熊本城の天守は近くで見るのもいいけど、離れて見るのもいいのよね。




DSC_0464.JPG



DSC_0462.JPG

木が邪魔なの・・・。

木がなければ、大小天守と宇土櫓がもっとよく見えるのに。

清正公が造ったころはこんなにたくさん木はなかった。軍事施設だからこんなに木があったら敵に入りこまれてもわからないからね、もっとすっきりしていました。

でも、今は軍事施設ではなく観光名所。市民の憩いの場、だからたくさんの木があります。平和の象徴ですね、熊本城の。




DSC_0465.JPG



DSC_0466.JPG


加藤神社から見る大小天守は大きな変化はありません。

着々と進んでいると思いますが、まだ小天守の屋根はあります。

いつ屋根の解体がはじまるかわからないから、見る間はしっかり見て、いままでありがとうと伝えています。

直接、屋根や最上階にありがとうを言える私は幸せですね。

遠くに済んでいる人はできないですもんね。






にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村  
posted by 夢子 at 10:49| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする