2018年06月14日

2018年5月30日、伝統工芸館、千葉城橋、高橋公園から見た熊本城《熊本城復旧状況》

2018年5月30日撮影
伝統工芸館、千葉城橋、高橋公園から見た熊本城



as2018.5.30.101.jpg



as2018.5.30.102.jpg

熊本伝統工芸館に行ってきました。

ここに行くなら、まずは館内に入る前に、熊本城です。

伝統工芸館の前から見える熊本城の姿が好きです。

大天守の上部の足場が外れたので、新しくなった屋根、しゃちほこがよーく見えます。


【熊本城復旧記録】熊本県伝統工芸館から見た大小天守閣(3) 2017年11月〜2018年5月

これ見ると変化がよくわかります。ここまで本当によく進んだと思います。

今後もここからの眺め、楽しみです。




as2018.5.30.104.jpg

タイトルには千葉城橋と入れたけど、正確には千葉城橋から少し南側のところから撮影。

大天守の上部の足場が外れたので、真正面から撮ってみました。

足場がないといいねー  よーく見える。

よく見えるようになり、今後はもっと復旧が進み、どんどん変わっていく大天守。

でも手前にある東十八間櫓は・・・。まだ当分はこのまま。同時進行は無理なのはわかっているけど、なんかいつまでもモルタルのままというのも。




as2018.5.30.106.jpg



as2018.5.30.107.jpg



ass2018.5.30.107.jpg

高橋公園の中からJT跡地に保管してある石を撮影。

ここの石材は大小天守の石垣。400年以上、熊本城本丸が住まいだった石たち。ずっと本丸から動くことはないと思っていた石たち。今、ここでの居心地はどうなんだろう? もう少しのここで休んでほしい。もう少しだから。そして、少しでも余裕ができたら、ここので生活も楽しんでほしいな。本丸に戻ったら、もう二度とあそこから動くことはないから。




posted by 夢子 at 10:21| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする