2018年05月17日

2018年5月15日、棒庵坂を降り、KKRホテル前から大天守しゃちほこ確認《熊本城復旧状況》

2018年5月15日撮影
棒庵坂を降り、KKRホテル前から大天守しゃちほこ確認




as2018.5.15.106.jpg

棒庵坂をおります。

清正公の家臣・下津棒庵さんがこの坂の近くに屋敷があったので、棒庵坂と呼ばれています。

監物台樹木園の前からKKRホテルに通じる急な坂。




as2018.5.15.107.jpg

二様の石垣?

いえいえ、これは違います。熊本城で有名な二様の石垣は本丸御殿の石垣で、これは櫨方三階櫓の石垣です。

ここは細川時代、石垣が孕み、幕府に届けを出して、修復しています。

加藤時代の石垣が孕み、その石垣に貼り付けるように付加されています。文政五年六月竣工の銘が刻まれた石が残っています。今は見えないけどね。




as2018.5.15.108.jpg

棒庵坂の降り、信号を渡り、KKRホテル前に。




as2018.5.15.201.jpg

はっきり見えます。しゃちほこが

今は大天守のしゃちほこしかないけど、もう少しすれば小天守にもしゃちほこが載る日が来る。

その日が待ち遠しいな。




as2018.5.15.202.jpg

伝統工芸館へ。




as2018.5.15.204.jpg

今回発見しました。伝統工芸館の玄関の屋根下から撮ると小天守の宙ぶらりんも映ります。

2〜3歩の距離で、宙ぶらりんが木々で隠れたり、見えたりします。

ここから何度も見ていたのに、今、気が付いた。


posted by 夢子 at 10:00| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする