2018年05月12日

2018年5月11日、二の丸御門の西側石垣を調査中《熊本城復旧状況》

2018年5月11日撮影
二の丸御門の西側石垣を調査中



前ページのつづき


二の丸御門の北側の栗石を回収。これは前ページで書きました。

西側では関係者が何やら調査をしていました。



ad2018.5.11.504.jpg



ad2018.5.11.505.jpg



ad2018.5.11.506.jpg


崩れた石垣、その中に入って調査をしています。

調査しないと次のステップにはいけない。

でも、決して安全な状態ではないのに・・・。

私たちがいつも見えないところで、関係者の方々はこういう危険を冒していると思うと、一日一日無事に作業が終わることを祈ることしか私にはできません。




ae2018.5.11.606.jpg

こわいと思います。

頭上の石垣はいつ崩れてもおかしくない状態ですから。

熊本城復旧のために、危険を冒しても調査や作業をしてくれる。

これは絶対に忘れてはいけませんね。20年後、熊本城が元の姿に戻っても、これは忘れない。




ad2018.5.11.608.jpg



ad2018.5.11.607.jpg


今回、改めて二の丸御門の石垣をじっくり見た。

この状態でよく2年もったな。

多分、ここだけでなく、他にもひどいところはたくさんあると思う。

こういうのを見ると、お願いだから地震はもう起きないでほしい。



つづく


posted by 夢子 at 12:08| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする