2018年05月12日

2018年5月11日、百間石垣から二の丸御門へ《熊本城復旧状況》

2018年5月11日撮影
百間石垣から二の丸御門へ



前ページのつづき

市役所別館跡地の飯田丸五階櫓の石たちと一方的に話をしたあとは、二の丸御門へ。




ah2018.5.11.104.jpg



ah2018.5.11.201.jpg

百間石垣を見ながら、二の丸御門に近づいていきます。

ここは地震後、早々と応急措置をしたところ。

百間石垣の石垣が崩れ、道路まで石が転がり落ち。

地震後はこの道路が使えなかった。

ここ一本使えないことで、お城周りは大渋滞。

国立病院もあるから、救急搬送中に何かあったら大変。

それでここは最優先で応急措置が取られた。

地震から3ヵ月半後の2016年8月1日、ここが開通した。

あのときは嬉しくて歩い、写真撮りまくった。

あの応急措置から、この百間石垣はそのまま。

いつまでこの光景を見るんだろう。

美しい百間石垣に戻るのはいつだろう。




ah2018.5.11.206.jpg



ah2018.5.11.207.jpg

モルタルを吹き付けていないところは地山がむき出しなので雑草が好き放題。




ah2018.5.11.208.jpg

二の丸御門。

ここが今年度中に通れるようになる。

そのための作業がいよいよ始まった。

ゴールデンウィーク中は工事もお休みなので、ここは何もしていなかった。

休み明けから作業が始まったようです。




ah2018.5.11.302.jpg

ここをもう少ししたら歩けるようになる。

なんか思っただけでテンションあがる。

嬉しいなー。




ah2018.5.11.304.jpg

ここの石材も回収されるだろう。

もう少ししたら、違うところに行ってしまう。

うまい具合に回収作業見れたらいいなー。




ag2018.5.11.209.jpg

まずは三の丸駐車場側の石垣のところから回収作業をしています。

この様子をしっかり見てきました。

それは次のページで。



つづく

posted by 夢子 at 10:54| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする