2018年05月12日

2018年5月11日、古京町市役所別館跡地は飯田丸五階櫓の石置き場《熊本城復旧状況》

2018年5月11日撮影
古京町市役所別館跡地は飯田丸五階櫓の石置き場



今回は長い、いっぱい写真を撮ったので何ページにもなる予定。

車で熊本城へ。すると二の丸御門の崩れた石材の回収作業をしていた。

これはしっかり見なくてはと思い、久しぶりに古京町から三の丸駐車場をウロウロ。



as2018.5.11.102.jpg

二の丸駐車場にとめて、埋門の前を通り、古京町へ。

埋門のところから、百間石垣も市役所別館跡地も見えます。

写真左が百間石垣、右が市役所別館跡地。

そうそう、今知ったんだけど、「古京町」って、「ふるきょうまち」ではなく「ふるぎょうまち」って呼ぶのね。

今まで「ふるきょうまち」って言っていたよ(/ω\)




as2018.5.11.101.jpg

石がいっぱい。

いつも車で通るから、チラ見ばかりだけど、今日はじっくり見まーす。




as2018.5.11.103.jpg


まずは栗石がお出迎え。




as2018.5.11.106.jpg

ここは飯田丸五階櫓関係の資材置き場です。




as2018.5.11.202.jpg

去年(2017年)、飯田丸五階櫓の崩落した石材の回収をして、ここに置いています。

去年、石材回収。今年は櫓の解体。進んでいますね。




as2018.5.11.105.jpg




as2018.5.11.107.jpg

飯田丸から離れたところに置かれた石たち。

今まで長い間見ていた光景とはまったく違う。

きっと戸惑っているだろうな。

「ここの居心地は?」

と聞いてみたいものの返事はない。当然よね。

しばらくはここが、この石たちの居場所です。

ゆっくりのんびりしてほしい。



つづく
posted by 夢子 at 10:34| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする