2018年05月07日

2018年5月5日、ゴールデンウィークはたくさんの観光客で賑わっていました

2018年5月5日撮影
ゴールデンウィークはたくさんの観光客で賑わっていました



as2018.5.5.301.jpg

ゴールデンウィーク、特に予定もないので5月3日〜5日まで三日連続で熊本城へ。

大天守のしゃちほこが見たくてね。

2018年2月14日、大天守しゃちほこに触れる

今、大天守に載っているしゃちほこを私は触っています。

私の指紋がついています

自分の手が触れたしゃちほこが、大天守に載っていると思うと見たくなるんですよ。

そして、いろいろな人に、「あのしゃちほこ、私が触ったことがあるの」と話しています。

小天守のしゃちほこも触らしてほしいな。またイベントしてほしいな。





as2018.5.5.208.jpg

プランターも写真に入れました。

2018年3月7日、二の丸広場遊歩道にプランター出現


設置されて2か月ほどですが、すでに馴染んでいます。



as2018.5.5.207.jpg

ゴールデンウィーク中、ここからたくさんの人が写真を撮っていた。

モデルの大小天守、宇土櫓は、どんな時も同じ表情で、たくさんの人を出迎えていた。




as2018.5.5.204.jpg


as2018.5.5.206.jpg


戌亥櫓の空堀も、ゴールデンウィーク中はたくさんの人が。

もう2年経ったのに、隅石一本で今も戌亥櫓を支えている。

この力は本当にすごい。




as2018.5.5.202.jpg


加藤神社の北側。

ここも石垣が一面崩れ落ち、今は雑草が好き放題に生えている。

石垣の崩れとともに、木も落ちてしまった。その木にも雑草が。

あまりにも緑が多くて、石垣の面影がまったくなくなってしまった。




as2018.5.5.107.jpg


宇土櫓のところには団体さんが




as2018.5.5.102.jpg


as2018.5.5.105.jpg

加藤神社もたくさんの人。

天守をバッグに記念撮影する人も。

宙ぶらりん状態の小天守ですが、これも修復のために必要な工程。

たくさんの人の記憶に残ったワンシーンです。
posted by 夢子 at 14:50| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする