2018年05月07日

2018年5月4日、小天守のむこうの空が見える

2018年5月4日撮影
小天守のむこうの空が見える



az2018.5.4.308.jpg



az2018.5.4.309.jpg

二の丸広場から撮影。

ここからは真正面に小天守が見え、1階部分が解体された状態なので、むこうの空がよく見えます。

すごく不思議な光景で、これは毎日見ていてもなんか慣れない。




az2018.5.4.305.jpg



az2018.5.4.307.jpg

少し北側に移り、大小天守と宇土櫓がひとつの塊に見える場所から撮影。

ここからも小天守のむこうの空がよく見えます。

こんなにお天気のときは余計に小天守が痛々しく感じる。




2年前のゴールデンウィーク。地震後はじめてのゴールデンウィーク。

あのときも二の丸広場から天守閣を眺めていた。

あのときは地震から半月ということで、ちょっと気を緩めると涙が出た。

でも、今は2年経ち、もう涙はない。泣いていても前には進まないからしっかり目を開けて、今の景色を焼き付けることにしている。

ここからの景色は毎年違う。来年はどうなっているんだろう。





saten2016.4.29.3.jpg

2016年4月29日撮影

地震直後ということも、この時はまだ何もしていません。




saten2017.5.3.jpg

2017年5月3日撮影

地震から一年経ち、やっと天守閣の修復工事がはじまりました。

この時はまだ小天守の1階もあります。
posted by 夢子 at 14:21| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする