2018年04月11日

2018年1月24日、宇土櫓続櫓の部材回収終了

2018年1月24日撮影
宇土櫓続櫓の部材回収終了


as2018.1.24.104.jpg


ass2018.1.24.103.jpg

宇土櫓続櫓の部材が終了しました。

上部のネットも取り外され、また上のほうの足場も撤去されています。

続櫓のところが石垣だけになっている。

解体、部材回収するということは、石垣だけになるってことなのよね。

わかっていたけど、実際に自分の目で見ると、現実なのか夢なのかわからなくなる。



as2018.1.24.106.jpg

年末(2017年12月26日)の熊日に、

小天守最上階(4階)
耐震性を高めるために、解体して軽量化して再建

と載っていた。現在の最上階は90トンあり、これ再建にあたり3割軽くし60トンにすると決まった。

今痛々しい小天守です。宙ぶらりんで何度見ても凝視するのが辛い。

そして最上階も解体となると・・・ 

でも、修復のために仕方ない。どんな姿になろうが、それは元に戻すための手術だから応援しなくちゃね。


as2018.1.24.107.jpg

この日は監物櫓、宇土櫓続櫓、小天守といろいろとあり、ドキドキしたり、胸がギュっしめつけられたり。

そんな中、未申櫓がいつもかわらずほほ笑んでくれて、ホッとした。
posted by 夢子 at 16:43| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする