2018年04月11日

2018年1月20日、不開門の部材回収

2018年1月20日撮影
不開門の部材回収


as2018.1.20.101.jpg

この日は長塀から飯田丸五階櫓を確認。

前日、市役所14階展望ロビーから飯田丸五階櫓を見たけど、足場で中の様子がまったく見えず。

長塀からも何もわかりません。ここは報道関係のアナウンスで様子を確認するしかないですね。



as2018.1.20.103.jpg

平櫓は今日もちゃんと建っています。

この櫓も傷ついているのに、頑張っていまーす。



as2018.1.20.104.jpg

不開門がない!!!

ここは見にくくて、様子がわかりずらいところでした。

でも、この日は部材がまったくないのが確認できました。

石垣もかなり崩れています。ここはかなり被害が大きそうなので時間がかかるでしょうね。



as2018.1.20.106.jpg

平櫓、ちゃんと建っているようにみえますが、倒壊のおそれ有りとのこと。

年末(2017年12月26日)の熊日によると、

2018年度に解体、2023〜2027年度復元見込み

とのことです。

今年、解体されると復元まで数年は見えなくなるので、今のうちにしっかり見ておかなくては。



as2018.1.20.108.jpg


as2018.1.20.202.jpg

伝統工芸館の前から見る、この景色好きです。

手前に平櫓があり、その奥にそびえ立つ大小天守。

ここからはこの三つの建物がセットなんですよね。ひとつでも欠けたら、この景色にはならない。

だから、平櫓が解体されたら寂しいだろうな。


posted by 夢子 at 16:21| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする