2018年04月10日

2017年12月6日、二の丸広場から見る大小天守と宇土櫓&白いテント・宙ぶらりん

2017年12月6日撮影
二の丸広場から見る大小天守と宇土櫓&白いテント・宙ぶらりん


as2017.12.6.103.jpg


as2017.12.6.101.jpg


as2017.12.6.102.jpg

大天守に白いテントが設置され、早いもので1か月以上たつ。

やっと二の丸広場から白いテントが撮れた。

白いテントが目立つが、小天守の変化もすごい。

一階部分が撤去され、宙ぶらりん状態だから、むこうの空が見える。

こんな姿になるとは(@_@)

天守閣は昭和35年に復元されたもので、外観は江戸時代のままだけど、鉄筋コンクリート造り。

築城当時の石垣に、重い重い鉄筋コンクリートの天守を乗せることはできない。だから、杭をうってある。杭で支えているから、一階だけ撤去できる。理屈ではわかる。でも、まさか宙ぶらりんの小天守を見ることになるとは・・・。
posted by 夢子 at 16:55| 熊本城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする