2017年01月23日

【熊本城・東竹之丸】三間櫓と東櫓門を繋ぐ塀の修復のための石垣

熊本城 >


【2015.2.13、三間櫓と東櫓門を繋ぐ塀の修復のための石垣】
FB_IMG_1461239201549.jpg
東竹之丸の南東隅から北側にかけては五棟の平櫓が残っています。南から田子櫓、七間櫓、十四間櫓、四間櫓、そして少し隔てて源之進櫓が連なっています。そして往時は源之進櫓から北には塀がつづき三間櫓となり、さらに塀があり東櫓門がありました。
このラインは平櫓と塀で完全に囲まれていました。
塀の石垣が細川時代になると孕みなどの不具合が生じたようで、石垣の修復のために石垣が付加されました。それがこの低めの石垣です。



熊本城
http://wakuwaku-kumamoto.com/castle/

熊本県熊本市中央区本丸1-1








posted by 夢子 at 21:14| ≪東竹之丸≫石垣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする