2011年04月13日

【福岡】お石茶屋(おいしちゃや)のアツアツ出来たての梅ヶ枝餅が美味しい

太宰府天満宮の名物といえば、梅ヶ枝餅(うめがえもち)。ほんとっ有名よね。
参道のあちこちで売っています。今までは太宰府のお土産に梅ヶ枝餅を買っていた。だから、焼き立てをその場で食べるのははじめての体験。

梅ヶ枝餅って、参道を歩くとわかるけど、何軒もお店があり、どれが美味しいのかよくわからない。
行列ができているところが美味しいんだろうな〜って自己判断して買っていた。

今回は友人がお店をチョイスしてくれた。お店はお石茶屋(おいしちゃや)さん。


お石茶屋(おいしちゃや)

aP4100237.jpg


天満宮の本殿からさらに奥にいきます。
今回、はじめてこちらまで行きましたが、本殿の先にも何軒も梅ヶ枝餅のお店が。

ここは一番奥にあります。一番奥なのに、ここはお客さんがいっぱい。みんな美味しいところ知っているのね〜


お石茶屋って、おもしろい名前。ここらへん石でもあったのかな?

住所は、太宰府市宰府なの。『だざいふしざいふ』って妙に惹かれるんですが・・・ これって私だけ?


aP4100238.jpg aP4100240.jpg

お店の中でも食べれるけど、天気がいいので、外で食べている人が多かったぁ。
もちろん、私たちも外で。

この雰囲気がいいわ。こんないいところがあったは!

梅ヶ枝餅だけじゃなくお昼ごはんを食べている人もいましたよ。


aP4100244.jpg

私は抹茶と梅ヶ枝餅のセット。これ500円。
この雰囲気には抹茶よ。なんか、日本の良さをしっかり堪能した気分。

緑がいっぱいの中で、抹茶が飲めるなんて。なんか日頃の疲れが飛んでいったわ。


aP4100250.jpg

友人たちは珈琲と梅ヶ枝餅のセット。これも500円。
コーヒーと合うって言っていましたよ。機会があれば、コーヒーを飲みながら食べてみたい。



友人の記事です。一緒に行って、同じように食べたけど記事の完成度が全然違いますね〜 さすが、九州のお菓子を食べつくしているだけある。うまい記事ですよ。ご覧ください〜

こっとんの別腹、九州お土産レビューログ
長らく気になってたお石茶屋で梅ヶ枝餅食べたっ☆


梅ヶ枝餅(うめがえもち)

梅ヶ枝餅(うめがえもち)
もち米で作った生地の中に粒あんを入れて焼き上げてあります。

アツアツ、出来たては美味しい。
数え切れないぐらい梅ヶ枝餅を食べたことがあるが、こんなに美味しいと思ったのははじめて。
表面がパリッとしているの。それでいて、もちっりしており、この食感は焼き立てじゃないと楽しめない。
香ばしさがどーんと私に迫ってくるんだよ。そのあとにくると甘さ控えめの餡が、普段トゲトゲして私を優しくしれくれる。



梅ヶ枝餅の由来
※菅原道真が大宰府に左遷された時、安楽寺の門前で老婆が餅を売っていた。老婆が元気を出して欲しいと道真に餅を差し上げ、その餅が道真の好物になった。後に道真の死後、老婆が餅に梅の枝を添えて墓前に供えたのが始まりとされている。

※菅原道真が左遷直後軟禁状態で、食事もままならなかったとき、老婆が道真が軟禁されていた部屋の格子ごしに餅を差し入れする際、手では届かないため梅の枝の先に刺して差し入れた。

はっきりしたことはわかりませんが、菅原道真が食べたお餅が時代を経て、今のような形になりました。
道真が太宰府で過ごした時代と今は全然違うが、形は違えど伝わるというのはありがたい。


家 甘味処 お石茶屋(おいしちゃや)
福岡県太宰府市宰府4-7-43
TEL  092-922-4045

営業時間  9:30〜16:30
定休日  不定休
※軽食あり





【関連記事】
菅原道真公を祀る太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)をのんびり散策(1)
太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)をのんびり散策(2)

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)渋滞の時の抜け道

太宰府のお家カフェ " 古紺(cocon) " で ゆっくり、のんびり おすすめランチ

お石茶屋(おいしちゃや)のアツアツ出来たての梅ヶ枝餅が美味しい

太宰府周辺のホテル ←じゃらんポイントが貯まる
じゃらんnet


posted by 夢子 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 【福岡】グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。