2009年08月28日

長洲港から有明 フェリーに乗って多比良港へ

20081012_092032.jpg

熊本から雲仙・島原へ一泊二日の旅行に行きました。熟年夫婦がのんびり、ゆったりと雲仙・島原を旅しました。
長洲港から有明フェリーに乗り、多比良港へ。
島原の郷土料理「具雑煮」を食べ、島原城、武家屋敷などを見て周り島原まゆやまロードを走り平成深山ネイチャーセンターへ。
その日は長崎県雲仙温泉「名湯の宿 雲仙いわき旅館」に宿泊。雲仙地獄を見て、仁田峠で雲仙ロープウェイで山頂に。山の上から雲仙を堪能。一泊二日の短い旅行でしたが雲仙・島原を満喫しました。(2008/10/12〜13に行きました。サービス・料金等はそのときのものです。) 

雲仙・島原旅行記のはじまりですわーい(嬉しい顔)



有明海沿岸の熊本県玉名郡長洲町長洲にある長洲港から有明フェリーに乗って島原へ。

旅のスタートとなる有明フェリーはタイミングよくすぐに乗ることができました。
長洲港の入口で運賃を払います。

乗用車 1台 2,390円
同乗者 1人  430円
合計      2,820円



旅行から帰ってきて気がついた(泣)
有明フェリー・公式サイト
インターネット限定の有明フェリー割引乗船券がありました。
1割引きです。もったいないことしたなぁ〜
これから有明フェリーを利用する方は、割引キャンペーンをやっているかどうかチェックしてくださいね。

長洲港から多比良港まではフェリーで40分です。
40分間フェリーの中で楽しみました。



PA120002.jpg

愛車のトヨタ カローラフィールダーはフェリー初体験です。
ドキドキして真っ赤になってしまったカローラフィールダーです。(ウソです。愛車は最初から赤でしたぁ)



20081012_100525.jpg

フェリーの中では車止めをします。
車止めはすべてフェリーの方がしてくれます。
車をとめてエンジンを切ったら、私たちは上にあがります。
客室でくつろぐのも良し、外に出て景色を楽しむのも良しです。




20081012_092517.jpg

私たちはまずはのんびりとコーヒーを飲みました。
1杯200円ですが、おいしかったです。
ただ室内は冷房がきいていて寒かったので、コーヒーを飲んだ後は外にでました。

次のページでは、外から見た風景などを紹介します。

有明フェリー
http://www.ariake-ferry.com/

【有明海自動車航送船組合】
長洲港:熊本県玉名郡長洲町 TEL(0968)78-0131
多比良港:長崎県雲仙市国見町 TEL(0957)78-2100

【乗船予約センター】
TEL  (0957)78-2105
FAX  (0957)78-2210







サービス・料金等は、2008年10月12〜13日のものです。
現在と異なる場合がありますので、現地でご確認くださいませ。
posted by 夢子 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【熊本】観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック